メインメニューを開く

柴田光陽

柴田 光陽(しばた みつはる、1952年12月3日 - )は、日本中央競馬会栗東トレーニングセンターに所属していた元調教師。義理の父(妻の父)に布施正(元調教師)、義理の姉たち(妻の姉たち)の配偶者新川恵(元調教師)、岩元市三(元調教師)らがいる。

柴田光陽
Mitsuharu-Shibata20100314.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県
生年月日 (1952-12-03) 1952年12月3日(66歳)
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 栗東・清田十一(1975年 - 引退)
初免許年 1975年3月1日
免許区分 平地
騎手引退日 1989年2月28日
重賞勝利 1勝
通算勝利 2067戦184勝
調教師情報
初免許年 1989年(1990年開業)
経歴
所属 栗東トレーニングセンター
テンプレートを表示

目次

来歴編集

1971年、栗東・柴田不二男厩舎所属の騎手候補生となる。

1972年、栗東・清田十一厩舎所属となる。

1975年騎手免許を取得し、同厩舎所属で騎手デビューする。デビュー戦は3月1日で、サワヤカホマレに騎乗し5着、5月24日にサワヤカホマレに騎乗してレースを制し、初勝利を挙げた。

1977年7月10日金鯱賞をマチカネライコーに騎乗して制し、重賞初勝利を挙げた。

1980年ワシントンDCインターナショナルでハシクランツに騎乗するためアメリカに遠征した。なおレースは8着だった。

1989年、2月に調教師免許を取得し騎手を引退する。騎手成績は、中央競馬通算2067戦184勝。

1990年、厩舎を開業し、3月3日に管理馬が初出走し、マチカネオハラハーが14着となり、4月20日にマチカネモユルが勝利し、のべ20戦目で管理馬が初勝利を挙げた。

1998年11月21日京都大障害(秋)をイチバンリュウが制し、管理馬が重賞初勝利を挙げた。

1999年2月1日地方競馬への管理馬初出走となった名古屋競馬場で行われた名古屋チャレンジカップ マンゴー賞にフェザンツフェザーが出走して4着となる。

2000年2月21日荒尾競馬場で行われたたんぽぽ賞をアイティースワローが制し、管理馬が地方初勝利を挙げた。

2004年2月1日に中央競馬通算200勝を達成した。

2018年2月28日付けで調教師を勇退することになった[1]

騎手成績編集

通算成績 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率
平地 175 180 213 1990 .088 .178
障害 9 16 3 77 .117 .325
184 196 216 2067 .090 .185
日付 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 1975年3月1日 - サワヤカホマレ - - 5着
初勝利 1975年5月24日 - サワヤカホマレ - - 1着
重賞初騎乗 1975年12月14日 阪神牝馬特別 ユウナス 9頭 9 4着
重賞初勝利 1977年7月10日 金鯱賞 マチカネライコー 19頭 12 1着
GI級初騎乗 1979年11月11日 菊花賞 ハシクランツ 18頭 11 2着

主な騎乗馬編集

調教師成績編集

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 1990年3月3日 1回中京1日5R 4歳上500万下 マチカネオハラハー 16頭 10 14着
初勝利 1990年4月1日 3回阪神4日9R アザレア賞 マチカネモユル 14頭 12 1着
重賞初出走 1990年4月29日 2回東京4日11R 4歳牝馬特別 マチカネモユル 16頭 11 10着
GI初出走 1990年5月20日 3回東京2日10R 優駿牝馬 マチカネモユル 20頭 17 14着
重賞初勝利 1998年11月21日 6回京都5日9R 京都大障害(秋) イチバンリュウ 9頭 3 1着

主な管理馬編集

脚注編集

  1. ^ 調教師12名が勇退・引退日本中央競馬会、2018年2月13日閲覧

関連項目編集