柴田勝豊
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
死没 天正11年4月16日[1]1583年6月6日
別名 幼名:伊介
通称:伊賀
主君 柴田勝家羽柴秀吉
氏族 吉田氏柴田氏
父母 父:吉田次兵衛(または渋川八左衛門
母:柴田勝家の姉
養父:柴田勝家
兄弟 義兄弟:勝政勝豊勝敏勝之
稲葉貞通の娘
福井県福井市の西光寺にある柴田勝家の墓には、お市の方、勝家の一子作次郎とともに、勝豊も合祀されている。

柴田 勝豊(しばた かつとよ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将

生涯編集

柴田勝家の家臣・吉田次兵衛の子(またはその養子で渋川八左衛門の子)として生まれる。生母は勝家の姉であることから、甥にあたるが、勝家に当時は実子がいなかったためにその養子となった。

天正4年(1576年)、勝家の居城北ノ庄城の支城となる丸岡城を築き、勝豊はその城主として4万5,000石を領した(『武家事紀[2])。

天正9年(1581年)、織田信長京都御馬揃えでは勝家とともに上洛して参加した。

天正10年(1582年)6月、信長死後の清洲会議で勝家の所領となった近江長浜城の守備を任された。

しかし、勝家は同じ養子でも柴田勝政を優遇して勝豊を冷遇したと云い、従兄にあたる佐久間盛政とも仲が悪かったことなどもあって、12月に羽柴秀吉が大軍をもって城を囲むと、勝豊は大谷吉継の調略を受けて、長浜城ごと羽柴方に寝返った。

ところが、すでに病を得て伏せっていたため、天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いでは家臣を代理として参戦させた。賤ヶ岳の戦いの直前、京都東福寺にて病死した。勝家滅亡の8日前のことであった。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『寛政重修諸家譜 』
  2. ^ 『武家事紀』巻第十三”. 国立国会図書館デジタルコレクション. 2013年10月30日閲覧。

参考文献編集

  • 高柳光寿; 松平年一 『戦国人名辞典』 吉川弘文館、1981年、120頁。