メインメニューを開く

柴田 匡平(しばた きょうへい、1955年 - )は、日本経営学者信州大学経済学部教授[1]。専門分野は、経営政策、航空会社経営であるが[1]、もともとの専攻は人文地理学であり、その方面の論文もあるほか、英語フランス語の地理学書の翻訳に取り組むなど、地理学者としての一面ももっている[2]

目次

経歴編集

秋田県生まれ[3]

1979年東京大学教養学部教養学科を卒業した後[4]川崎重工業の海外プラント建設工事に従事した[5]

1980年10月からロンドン・スクール・オブ・エコノミクス大学院国際関係論研究生となっていたが、1981年3月に東京大学教養学部助手となった[1]

1984年3月、信州大学経済学部講師となり、1985年7月に助教授、1997年1月に教授へと昇任した[1]

この間、1993年にはポートランド州立大学客員教授、1996年には同じく夏期講座講師を務めた[1]

2003年からは、信州大学大学院経済・社会政策科学研究科 イノベーション・マネジメント専攻教授となっている[1]

2005年6月には、法科大学院の設置申請をめぐる不祥事の責任をとって学部長を退任した又坂常人に代わって、経済学部長となり[3]2007年5月までの任期を務めた[5]

おもな著書編集

単著編集

  • プラント輸出における管理問題と技術移転 : K社のACO2プロジェクトをケースに、国際協力推進協会、1984年
  • ブリティッシュ・エアウェイズの経営 : 民営化・国際展開とアエロポリティクス1981-2010、中央書院、2011年

翻訳書編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 教員プロフィール 柴田 匡平教授”. 信州大学. 2015年1月19日閲覧。
  2. ^ 科学研究費助成事業の助成を人文地理学の研究グループの一員として受給したことがある。:科学研究費助成事業データベース 柴田匡平”. 国立情報学研究所. 2015年1月19日閲覧。
  3. ^ a b “信大経済学部の学部長に柴田氏 法科大学院問題「信頼回復を図る」”. 朝日新聞・朝刊・長野東北信: p. 31. (2005年5月12日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  4. ^ 当時の専攻は人文地理学であり、卒業論文の題目は「農業水利システムの研究-千葉県印旛沼周辺と長野県茅野市滝之湯堰-」であった。:卒業論文題目一覧”. 東京大学人文地理学教室. 2015年1月19日閲覧。
  5. ^ a b 「松本未来塾」参加者募集の御案内 (PDF)”. 松本商工会議所. 2015年1月19日閲覧。