メインメニューを開く

柴田 善雅(しばた よしまさ、1949年-)は、日本の歴史学者経済学者大東文化大学国際関係学部教授、財務省財務総合政策研究所特別研究官。専門は日本経済史

略歴編集

新潟県新潟市出身。1973年早稲田大学政治経済学部卒業。75年同大学大学院文学研究科修士課程修了[1]。1983年一橋大学大学院経済学研究科博士後期課程単位修得退学。指導教官は中村政則[1][2]。同1983年、大蔵省入省、大臣官房調査企画課(現総合政策課)配属[3][1]。大蔵省財政金融研究所主任調査官[4]等を経て、1995年より現職。2005年早稲田大学より博士(学術)の学位を授与される[5]財務省財務総合政策研究所特別研究官も兼務[1]

著書編集

単著編集

  • 『占領地通貨金融政策の展開』(日本経済評論社、1999年)
  • 『戦時日本の特別会計』(日本経済評論社、2002年)
  • 『南洋日系栽培会社の時代』(日本経済評論社、2005年)
  • 『中国占領地日系企業の活動』(日本経済評論社、2008年)
  • 『戦時日本の金融統制 資金市場と会社経理』(日本経済評論社、2011年)
  • 『中国における日系煙草産業:1906-1945』(水曜社、2013年)
  • 『植民地事業持株会社論:朝鮮・南洋群島・台湾・樺太』(日本経済評論社、2015年)
  • 『満洲における政府系企業集団』(日本経済評論社、2017年)

共著編集

共編著編集

脚注編集

外部リンク編集