メインメニューを開く

柴田 平三郎(しばた へいざぶろう、1946年 - )は、日本の政治学者獨協大学法学部名誉教授。西欧中世政治思想史専攻。

目次

経歴・人物編集

東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。同大学院法学研究科博士課程満期退学。1986年「アウグスティヌスの政治思想」で慶大法学博士千葉商科大学助教授、1982年獨協大学法学部国際関係法学科助教授、教授。2016年退職。

著訳書編集

単著編集

  • 『政治学への発想』(三一書房、1980年)
  • 『政治学講義』(而立書房、1980年)
  • 『政治思想史講義』(而立書房、1983年)
  • 『アウグスティヌスの政治思想-『神国論』研究序説』(未來社、1985年)
  • 『政治思想史』(而立書房、 1988年)
  • 『政治思想史講義ノート』(而立書房、 1995年)
  • 『中世の春―― ソールズベリのジョンの思想世界』(慶應義塾大学出版会、2002年)
  • トマス・アクィナスの政治思想』岩波書店、2014 

共著編集

翻訳編集

  • J.B.モラル『中世の政治思想』(未來社、1975年/平凡社ライブラリー、2002年)
  • J.オールマン『創造の政治学』(而立書房、1976年)内山秀夫共訳
  • クレスピニイ,マイノウグ編『現代の政治哲学者』(南窓社、1977年)、内山秀夫,奈良和重と共訳
  • G.H.セイバイン『デモクラシーの二つの伝統』(未來社、1977年)
  • A.P.ダントレーヴ『政治思想への中世の貢献』友岡敏明共訳(未來社、1979年)
  • E.バーカー他『中世ヨーロッパ政治理論』 (御茶の水書房、1980年)
  • R.M.ハッチンス『聖トマス・アクィナスと世界国家』(未來社、1984年)
  • M.I.フィンレイ『民主主義――古代と現代』(刀水書房、1991年/講談社学術文庫、2007年)、文庫化で著者名がフィンリーに改められる。
  • H.リーベシュッツ『ソールズベリのジョン――中世人文主義の世界』(平凡社、1994年)
  • T.アクィナス 『君主の統治について―謹んでキプロス王に捧げる』(慶應義塾大学出版会、2005年/岩波文庫、2009年)