柴田誠也

柴田 誠也(しばた まさや、1985年9月21日 - )は、北海道苫小牧市出身の元プロ野球選手投手、右投右打)・コーチ

柴田 誠也
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道苫小牧市
生年月日 (1985-09-21) 1985年9月21日(32歳)
身長
体重
186 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2003年 ドラフト2巡目
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

目次

経歴編集

プロ入り前編集

小学2年生で野球を始め、4年生から投手となる。

北海道尚志学園高等学校では、2年夏の南北海道大会リリーフとして準優勝に貢献。秋からエースとなり、3年時は春季北海道大会優勝、夏は2年連続準優勝。

プロ野球ドラフト前は地元の北海道日本ハムファイターズへの入団を希望しており、スポーツ紙等で相思相愛等とも報道されていたが、2003年度ドラフト会議オリックス・ブルーウェーブが強行指名。当初は難色を示していたが[1]、交渉の末に契約金6,500万円、年俸600万円(いずれも推定)で入団。当時の伊原春樹監督からは「北海の熊」と命名された。

プロ入り後編集

技術面の評価は低かったが素材は一級品と将来を嘱望され、1年目の2004年から二軍で18試合に登板して4勝3敗、防御率4.68と素材型の高卒新人としてはまずまずの成績を残し、フレッシュオールスターゲームにも選出された。

2005年からは分配ドラフトでオリックス・バファローズと契約。しかしその後は故障に苦しみ、二軍で11試合に登板し防御率12.27。2006年は二軍でも登板無しに終わり、シーズンオフに支配下登録を外され、育成選手として契約を結んだ。

2007年は二軍で7試合と少ない登板数ながらも防御率1.29の成績を残したが、同年10月4日戦力外通告を受け自由契約となる。現役続行を希望して11月7日に行われた12球団合同トライアウトに参加したが、オファーはなく現役引退。

2008年現在は加圧トレーニング指導の資格を取得し、加古川市のトレーニングジムでトレーナーとして働いていた[2]

2016年4月、独立リーグBASEBALL FIRST LEAGUEに所属する姫路GoToWORLDのコーチに就任し[3]、チームが休止となるまで1シーズン務めた。

詳細情報編集

年度別投手成績編集

  • 一軍公式戦出場なし

背番号編集

  • 13 (2004年 - 2006年)
  • 113 (2007年)
  • 5 (2016年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ハム希望の柴田、ショックで両親が突然帰宅 - ウェイバックマシン(2003年11月25日アーカイブ分) - 日刊スポーツ(2003年11月20日)
  2. ^ 第二の人生はトレーナー 元オリックスの柴田さん - ウェイバックマシン(2008年4月13日アーカイブ分) - 神戸新聞(2008年4月12日)
  3. ^ 新コーチ・トレーナーのお知らせ - 姫路GoToWORLD(2016年4月8日)

関連項目編集

外部リンク編集