メインメニューを開く

柴田 道子(しばた みちこ、本姓:横田1934年3月30日 - 1975年8月14日)は、児童文学作家社会運動家被差別部落問題狭山事件の被告支援活動にも取り組んだ。夫は弁護士で狭山弁護団の一員だった横田雄一[1][2]

しばた みちこ
柴田 道子
生誕 (1934-03-30) 1934年3月30日
東京市大森区馬込
死没 (1975-08-14) 1975年8月14日(41歳没)
死因 喘息による呼吸不全
国籍 大日本帝国の旗 大日本帝国
出身校 共立女子大学
職業 児童文学作家

略歴編集

高校生時代編集

高校在学中、クラスメイトと同人誌『たわごと』創刊。在校中、自由研究の詩を同校教諭が編集する文芸誌『六華』に発表したほか、太宰治についての購読感想文で学内のコンクールに一等入選している。

社会運動編集

大学在学中にセツルメント運動に参加。1964年夫の転勤に伴い長野県長野市へ転居。地元の被差別部落出身の高校生による「年輪グループ」と出会い、部落解放運動に関わり、『被差別部落の伝承と生活』を刊行。1975年には再度の転勤により埼玉県に転居し、狭山事件の被告支援のための調査活動に奔走した。没後の1977年、長野県同和教育推進委員会により「柴田道子部落解放文学賞」が創設された。

著書編集

  • 『谷間の底から』(鈴木義治絵)東都書房、1959.9 のち岩波少年文庫 解説:鶴見俊輔
  • 『消えたレーダー塔』東京創元社、1961
  • 『ももいろの童話集』東京創元社、1961
  • 「少年・少女の英雄像・理想像の特質」(いぬいとみこと共作)『岩波講座・現代教育学(15)』岩波書店、1961
  • 『日本丸漂流する』(池田仙三郎絵) 東都書房、1963.9
  • 『平塚らいてぅ・この人たちは愛に生きた』三一書房、1969.4
  • 「差別を生きて 信州、未開放部落古老ききがき」『ドキュメント日本人7 無告の民』学芸書林、1969
  • 『仙人になったカン先生』(挿絵:梶山俊夫)国土社、1971.9
  • 『被差別部落の伝承と生活』三一書房、1972
  • 『日本のお母さんたち』(編著)ペリカン社、1972.8
  • 「子どもにとっての母の存在」『講座おんな4 おんなと母のあいだ』筑摩書房、1973.3
  • 『鬼女紅葉』国土社、1974.6(挿絵:丸木俊
  • 『皇国少女が求めた自己教育の場』(体験的教育論)明治図書、1974.11
  • 『ひとすじの光』朝日新聞社、1976.12

寄稿編集

思想の科学』、『年輪』、『非暴力ニュース』、『朝日ジャーナル』、『言語生活』、『月刊百科』、『全逓時評』、『考える高校生』、『開放教育』、『婦人公論』、『現代教育科学』、『歴史と旅』、『新日本文学』、『母の友』などの季刊・月刊誌・同人誌へ多数寄稿している。

書評編集

  • 『ひとすじの光』
  • 『谷間の底から』

脚注編集

  1. ^ 『人権感覚を深めるために: 長野県の同和教育をめぐる私論』18ページ
  2. ^ 『思想の落し穴』152ページ