柿本 市守(かきのもと の いちもり)は、奈良時代貴族従四位下柿本猨の孫で、従五位下・柿本建石の子とする系図がある。官位は従五位上・主計頭

 
柿本市守
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位上主計頭
主君 聖武天皇孝謙天皇淳仁天皇
氏族 柿本氏
父母 父:柿本建石
良道、世常、列世
テンプレートを表示

経歴編集

聖武朝末の天平20年(748年従五位下叙爵し、翌天平感宝元年(749年丹後守に任ぜられると、孝謙朝末の天平勝宝9歳(757年安芸守と聖武朝から孝謙朝にかけて地方官を歴任する。

淳仁朝天平宝字5年(761年)主計頭として京官に遷り、天平宝字8年(764年)従五位上に至る。

官歴編集

続日本紀』による。

系譜編集

  • 父:柿本建石(柿本佐留の子)[1]
  • 母:不詳
  • 生母不明の子女
    • 男子:柿本良道[1]
    • 男子:柿本世常[1]
    • 男子:柿本列世[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d 「石見周布系図」『萩藩諸家系譜』所収

参考文献編集