柿沼瑛子

柿沼 瑛子(かきぬま えいこ 1953年5月26日[1] - )は日本翻訳家。横浜出身。早稲田大学第一文学部史学科卒[2]ワセダミステリクラブ出身[3]。共著がある書評家大津波悦子は大学以来の友人[4]

日本推理作家協会会員。翻訳学校フェロー・アカデミー講師。

書評ライター、仁賀克雄の下訳者を経て[3]、1984年、「月を盗んだ少年」(朝日ソノラマ文庫)で翻訳家デビュー[5]。ホラー、ミステリ、ファンタジー、ロマンスなどのジャンル小説の翻訳のほか、エドマンド・ホワイトなどゲイ文学の翻訳・紹介でも知られている。

目次

単著編集

  • 『魔性の森』2001 (徳間デュアル文庫)

共編著編集

  • 『耽美小説・ゲイ文学ブックガイド』栗原知代共編著 白夜書房 1993
  • 『女性探偵たちの履歴書』大津波悦子共著 同文書院インターナショナル 1993
  • 『本は男より役に立つ』大津波悦子共著 社会思想社 1995
  • 『本は男より楽しい』大津波悦子共著 社会思想社 1995

訳書編集

  • デイヴィス・グラッブ『月を盗んだ少年 サスペンス&スーパーナチュラル短編集』1984 ソノラマ文庫海外シリーズ
  • ロバート・ブロック『暗黒界の悪霊 クートゥリゥ神話中心の短編集』1985 ソノラマ文庫
  • クラーク・A.スミス『魔界王国 妖奇と耽美の珠玉集』1985 ソノラマ文庫
  • リチャード・マシスン『モンスター誕生 魔女からエイリアンまで』1985 ソノラマ文庫
  • スティーブ・ジャクソン著,ステファン・レーヴィス画『魔術師タンタロンの12の難題 パズル・ゲーム・ブック』社会思想社 1987
  • P.ダービル=エバンス『ナイトメアキャッスル アドベンチャーゲームブック』社会思想社(現代教養文庫) 1988
  • ダン・シモンズ『カーリーの歌』1988 ハヤカワ文庫
  • デイヴィッド・エディングス「ベルガリアード物語」ハヤカワ文庫
4『魔術師の城塞』1988
5『勝負の終り』1989
  • ボブ・ラングレー『エベレストの彼方』東京創元社 1989
  • ジョン・ラッツ『稲妻に乗れ』早川書房 1989
  • マーガレット・ミラー『耳をすます壁』1990 創元推理文庫
  • エドマンド・ホワイト『美しい部屋は空っぽ』早川書房 1990
  • エドマンド・ホワイト『ある少年の物語』早川書房 1990
  • ヴァネッサ・ドラッカー『ウォール街は眠らない』1991 扶桑社ミステリー
  • パトリシア・ハイスミス『水の墓碑銘』1991 河出文庫
  • マイケル・ナーヴァ『このささやかな眠り』1992 (創元推理文庫)
  • パトリシア・ハイスミス『イーディスの日記』1992 (河出文庫)
  • クリストファー・ブラム『天使クレアの思い出に』早川書房 1992
  • マーガレット・ミラー『ミランダ殺し』1992 (創元推理文庫)
  • ジョゼフ・ハンセン『アラン 真夜中の少年』二見書房 1993
  • ロヘイズ・ピアシー『わが愛しのホームズ』白泉社 1993 のち新書館 モノクローム・ロマンス文庫 
  • マイケル・ナーヴァ『ゴールデンボーイ』1994 (創元推理文庫)
  • ダン・シモンズ『殺戮のチェスゲーム』1994 (ハヤカワ文庫)
  • アン・ライス『ヴァンパイア・レスタト』1994 (扶桑社ミステリー)
  • パトリック・ゲイル『帰っておいで』早川書房 1994
  • アン・ライス「ヴァンパイア・クロニクルズ」扶桑社ミステリー
『呪われし者の女王 ヴァンパイア・クロニクルズ』1995
『肉体泥棒の罠 ヴァンパイア・クロニクルズ』1996
『悪魔メムノック ヴァンパイア・クロニクルズ』1997
  • ポピー・Z.ブライト『ロスト・ソウルズ』1995 角川ホラー文庫
  • デイル・ペック『マーティンに捧ぐ』早川書房 1995
  • マーク・リチャード・ズブロ『黄昏のハイスクール』1995 (創元推理文庫)
  • マイケル・ナーヴァ『喪われた故郷』1996 (創元推理文庫)
  • パトリシア・ハイスミス『リプリーをまねた少年』1996 (河出文庫)
  • カレン・キエフスキー『キャット・ウォーク 女性探偵に気をつけろ!』1996 福武文庫
  • エドマンド・ホワイト『アメリカのゲイ社会を行く』勁草書房 1996
  • カレン・キエフスキー「キャット・コロラド事件簿シリーズ」福武文庫
『カタパルト』1997
『デッド・エンド』1998
『焦がれる女』1998
『浮遊死体』1998
  • エドマンド・ホワイト『生きながら皮を剥がれて』早川書房 1997
  • アン・ライス「スリーピング・ビューティ」扶桑社ミステリー
1『眠り姫、官能の旅立ち』1998
2『眠り姫、歓喜する魂』1999
3『至上の愛へ、眠り姫』1999
  • ジョディ・ヤッフェ『死へのギャロップ』1998 光文社文庫
  • アン・ライス『美青年アルマンの遍歴』扶桑社 2000
  • エドマンド・ホワイト『燃える図書館 ベスト・エッセイ70s-90s』河出書房新社 2000
  • アン・ライス『トニオ、天使の歌声』2001 扶桑社ミステリー
  • アン・ライス『パンドラ、真紅の夢』2002 扶桑社ミステリー
  • マイケル・ナーヴァ『秘められた掟』2002 創元推理文庫
  • ステラ・ダフィ『カレンダー・ガール』2002 新潮文庫
  • ポピー・Z.ブライト『絢爛たる屍』2003 文春文庫
  • アン・ライス『呪われた天使、ヴィットーリオ』2003 (扶桑社ミステリー)
  • ステラ・ダフィ『あやつられた魂』2003 (新潮文庫)
  • イアン・コールドウェル,ダスティン・トマスン『フランチェスコの暗号』2004 (新潮文庫)
  • キム・アカス,ジャネット・マッケイブ編『セックス・アンド・ザ・シティのキュートな欲望 性とファッションの秘密を探る』古屋美登里,安原和見共訳 朝日出版社 2004
  • ミシェル・リード,ジェイン・ポーター,スーザン・スティーヴンス,マリーン・ラブレース『情熱の贈り物 クリスマス・ストーリー2005四つの愛の物語』共訳 ハーレクイン 2005
  • エドマンド・ホワイト『パリ遊歩者のまなざし』DHC(Writer & cityシリーズ) 2005
  • バーバラ・ボズウェル,ジェニファー・グリーン,ジャッキー・メリット『富豪一族への招待 富豪一族:知られざる相続人6』萩原ちさと共訳 2006 (ハーレクイン・スポットライト)
  • バーバラ・デリンスキー『遺された庭の秘密』2006 (扶桑社ロマンス)
  • ローリー・フォスター,ドナ・コーフマン,ジル・シャルヴィス『勇敢なる男たち 2』茅野久枝,加藤由紀共訳 2006 (ハーレクイン・スポットライト
  • タニス・リー「ヴェヌスの秘録」産業編集センター 2007
『水底の仮面』『炎の聖少女』『土の褥に眠る者』『復活のヴェヌス』
『魔女と魔術師』『女狩人と竜の騎士』 『王女と闇の王子』
  • ケイト・ウォーカー『未完の情熱』2009 (ハーレクイン・ロマンス)
  • カレン・マリー・モニング『妖しき悪魔の抱擁』ヴィレッジブックス 2009
  • ノーラ・ロバーツ「セブンデイズ・トリロジー」2010 (扶桑社ロマンス
『過去を呼ぶ愛の秘石』『今甦る運命の熱い絆』『未来に羽ばたく三つの愛』
  • メアリ・バログ,コートニー・ミラン,マーガレット・ムーア『クリスマス・オブ・ラブ 十九世紀の愛の誓い』辻早苗, 岡聖子共訳 ハーレクイン[Mira文庫] 2010
  • ミシェル・リード,シャロン・ケンドリック,ダイアナ・ハミルトン『雪の街にかがやく愛』共訳 ハーレクイン 2010 (クリスマス・ロマンス・ベリーベスト
  • カレン・マリー・モニング『悪しき妖精たちの吐息』ヴィレッジブックス 2012
  • ダスティン・トマスン『滅亡の暗号』2012 (新潮文庫)
  • カレン・マリー・モニング『闇の王子と求め合って』ヴィレッジブックス 2013
  • シェリル・T・コーエン-グリーン,ローナ・ガラーノ『性の悩み、セックスで解決します。 900人に希望を与えた性治療士の手記』イースト・プレス 2014
  • カレン・マリー・モニング『聖なる槍に導かれ』ヴィレッジブックス 2015
  • パトリシア・ハイスミス『キャロル』2015 (河出文庫)

脚注編集

参考文献編集

外部リンク編集