柿沼紫乃

日本の声優

柿沼 紫乃(かきぬま しの、1965年10月27日[2][6] - )は、日本女性声優ナレーター[1][5]東京都世田谷区出身[3]青二プロダクション所属[3]

かきぬま しの
柿沼 紫乃
プロフィール
本名 古川 紫乃(ふるかわ しの)[1][2]
性別 女性
出生地 日本の旗 日本東京都世田谷区[2][3]
生年月日 (1965-10-27) 1965年10月27日(55歳)
血液型 A型[1][2]
身長 158 cm[4]
職業 声優ナレーター[1][5]
事務所 青二プロダクション[3]
配偶者 古川登志夫声優
公式サイト SHINO’s HOME
柿沼 紫乃|株式会社青二プロダクション
活動
活動期間 1980年代 -
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

略歴編集

国立音楽大学付属高等学校卒業[1]。過去に劇団青杜に所属した[3]

人物・エピソード編集

声優の古川登志夫とは、1991年頃に結婚した[7]

美少女戦士セーラームーン』では、月野うさぎの親友・大阪なる役を担当。ダーク・キングダム四天王の一人であるネフライトとの間に恋が芽生えるという原作にはないオリジナルの物語が展開されるが、第24話でネフライトは、同じく四天王の一人であるゾイサイトの配下が放った攻撃からなるを守ろうとして致命傷を負ってしまう。死期を悟ったネフライトは、なるを騙し続けていたことを詫び、出会えたことを感謝しながら絶命する。柿沼はこの場面のアフレコで、役に入り込みすぎたために大泣きしてしまい、セリフが言えなくなって何度もNGを出し、ネフライトを演じていた森功至とスタッフに大変迷惑を掛けてしまったと語っている。これについてネフライト役の森は「ネフライトの最期の所は、なるを演じている柿沼さんがセリフを言えなくなるほど人物に入れ込んでくれたので、役者冥利に尽きる感じです」と高く評価している[8]。このエピソードは、2020年12月5日に放送された『発表!全美少女戦士セーラームーンアニメ大投票』(NHK BSプレミアム)の「あなたの好きなエピソード」の部門で第3位に選ばれ[9]、うさぎ役の三石琴乃は「アフレコしながらみんな泣いてました」と同番組で当時を振り返っている。

出演編集

テレビアニメ編集

1985年
1986年
1987年
1989年
1990年
1991年
1992年
1994年
1995年
1996年
2000年
2004年
2006年
2013年
2014年
2015年
  • ONE PIECE(2015年 - 2021年、ギムレット、お鶴)
2016年
2019年

劇場アニメ編集

OVA編集

1988年
1990年
1992年
1993年
  • POPS(奈津美[13]
  • マーガレットVIDEO POPS R.Ikuemi(奈津美)
2002年
  • END of the WORLD(一美)

ゲーム編集

吹き替え編集

ラジオ編集

CD編集

その他コンテンツ編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e プロフィール”. shino's home. 2020年1月8日閲覧。
  2. ^ a b c d 柿沼紫乃(かきぬましの)の解説”. goo人名事典. 2020年1月8日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 柿沼 紫乃|株式会社青二プロダクション”. 2020年1月8日閲覧。
  4. ^ 柿沼 紫乃”. 日本タレント名鑑. 2020年1月8日閲覧。
  5. ^ a b 柿沼 紫乃”. タレントデータバンク. 2020年1月8日閲覧。
  6. ^ ニュータイプ ビデオでーた共同編集「声優インデックス」『アニメソフト完全カタログ 1992』角川書店〈カドカワムック〉、1992年6月15日、497頁。
  7. ^ 古川登志夫と柿沼紫乃がリアル夫婦キャスティング 「青山二丁目劇場」でラジオドラマを放送アニメ!アニメ! 2016年12月6日
  8. ^ 講談社ヒットブックス34・なかよしアニメアルバム『美少女戦士セーラームーン』(1994年)
  9. ^ 「[https://www.nhk.or.jp/anime/sailormoon-all/ranking/?cat=chara NHK BSプレミアム『発表!全美少女戦士セーラームーンアニメ大投票』内、2020年12月5日。
  10. ^ レディレディ!”. 東映アニメーション. 2016年7月10日閲覧。
  11. ^ http://www.kanzenshuu.com/2014/09/29/voice-actor-updates-anime-weekend-atlanta-2014/
  12. ^ 『トリコ&ワンピース&ドラゴンボールZ 超コラボスペシャル!』および『ドラゴンボール改』ではビーデルの声を担当した。『ドラゴンボールZ』で担当した皆口裕子が留学中だったための代役である。後に皆口本人が『改』(のビーデル・パン役)は特例で、将来的に皆口自身がビーデル・パン役に戻ることを公言している[11]。『改』の続編に当たる『ドラゴンボール超』ではビーデル役は皆口に戻っている。
  13. ^ POPS”. マッドハウス. 2016年6月17日閲覧。
  14. ^ CHARACTER”. 英雄伝説 空の軌跡 FC Evolution. 2015年5月22日閲覧。

外部リンク編集