メインメニューを開く

栃木県立小山北桜高等学校(とちぎけんりつおやまほくおうこうとうがっこう)は、栃木県小山市東山田にある県立高等学校

栃木県立小山北桜高等学校
Oyama Hokuou High School.JPG
過去の名称 小山町立小山農商補習学校
小山公民実業学校
栃木県小山実業学校
栃木県立小山農学校
栃木県立小山高等学校
栃木県立小山園芸高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 栃木県の旗 栃木県
校訓 寛・明・正
設立年月日 1972年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 園芸科学科
造園土木科
建築システム科
総合ビジネス科
生活文化科
高校コード 09119H
所在地 323-0802
栃木県小山市東山田448-29
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
栃木県立小山北桜高等学校の位置(栃木県内)
栃木県立小山北桜高等学校

目次

概要編集

1918年(大正7年)に小山町立小山農商補習学校として開校し数度の改称を経た後、1951年(昭和26年)に栃木県立小山高等学校に改称する。1972年(昭和47年)には農業系学科が分離独立し栃木県立小山園芸高等学校が開校、1996年(平成8年)に総合選択制専門高校に学科再編を行い現在の栃木県立小山北桜高等学校へ改称。2009年(平成21年)には総合産業高校へ学科再編を行った。

特色編集

本県初の総合産業高校である

設置学科編集

  • 園芸科学科
  • 造園土木科
  • 建築システム科
  • 総合ビジネス科
  • 生活文化科

教育目標編集

  1. 真理を愛し、知識・技術を進んで学ぶ
  2. 広い視野と円満な社会性を養う
  3. 勤労と責任を重んじ、心身ともに健全な産業人を育てる

姉妹校編集

交通関係編集

  • 最寄の駅は小金井駅で、関東バスが当地を所縁としていることもあり、同社が通学バスを運来している。

沿革編集

  • 1918年大正7年)- 小山町立小山農商補習学校として創立
  • 1972年昭和47年)- 栃木県立小山高等学校より農業に関する学科を分離・独立し栃木県立小山園芸高等学校として小山市東山田に開校。
  • 1981年(昭和56年)- 創立10周年記念式典
  • 1991年平成3年)- 創立20周年記念式典
  • 1996年(平成8年)- 総合選択制専門高校に学科再編、校名を栃木県立小山北桜高等学校と改称
  • 2001年(平成13年)- 創立30周年記念式典
  • 2005年(平成17年)- 「国際経済科」と「情報ビジネス科」が統合されて「総合ビジネス科」となる。
  • 2009年(平成21年)- 総合産業高校として学科再編

著名な出身者編集

関連項目編集

外部リンク編集