栃木県立美術館(とちぎけんりつびじゅつかん 英表記:Tochigi Prefectural Museum of Fine Arts)は栃木県宇都宮市桜四丁目にある美術館である。日本の近代美術館の先駆けとして1972年昭和47年)に開館した。県内、国内各地、そして西欧美術品を幅広く収蔵し、絵画版画挿絵写真工芸品に亘るコレクションの数は9,000点に迫る。概ねシーズンあたり1回の企画展・常設展示品入れ替えが行われる。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 栃木県立美術館
Tochigi Prefectural Museum of Fine Arts
Tochigi Prefectural Museum of Fine Arts 2020 1.jpg
企画展示室側
栃木県立美術館の位置(栃木県内)
栃木県立美術館
栃木県内の位置
施設情報
正式名称 栃木県立美術館
専門分野 総合
収蔵作品数 8,863点(2017年)[1]
来館者数 47,523人(2018年度)[2]
事業主体 栃木県
管理運営 栃木県県民文化課[3]
年運営費 149,921千円(2020年予算[4]
建物設計 川崎清
開館 1972年
所在地 320-0043
栃木県宇都宮市桜4-2-7
位置 北緯36度34分02.8秒 東経139度51分58.0秒 / 北緯36.567444度 東経139.866111度 / 36.567444; 139.866111座標: 北緯36度34分02.8秒 東経139度51分58.0秒 / 北緯36.567444度 東経139.866111度 / 36.567444; 139.866111
最寄駅 東武宇都宮線東武宇都宮駅
最寄バス停 関東バス桜通十文字
最寄IC 東北自動車道鹿沼IC
外部リンク www.art.tochigi.lg.jp
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示
地図

宇都宮市西部市街地、宇都宮市桜美公園の奥に立地する。建物は本館・分館ともに川崎清の設計である。

主な収蔵品編集

企画展編集

  • 2001年度
    • 絵画レッスン阿以田治修のモダニスト・ペインティング
    • オーストラリア・アボリジニの美術“ドリームタイム”へのいざない
    • 奔る女たち 女性画家の戦前・戦後 1930-1950年代
    • 川島理一郎
  • 2002年度
    • 開館30周年記念クールベ展-自然と女性-
    • 2002年日韓国民交流年記念 心のやきもの 李朝-朝鮮時代の陶磁-
    • 小山穂太郎展 Phantom
    • 近代歴史画と羽石光志
    • ダンス! 20世紀初頭の美術と舞踊
  • 2003年度
    • 創造の手わざ -近代工芸・栃木の七星-
    • 舟越桂 -混沌を鮮明に語ること-
    • 鉄道と絵画 -夢はこぶモダン列車
    • ディスタンス -栃木県出身作家の現在
  • 2004年度
  • 2005年度
  • 2006年度パウラ・モーダーゾーン=ベッカー 時代に先駆けた女性画家
    • 柄澤齊展 ―宙空の輪舞(ロンド) 版画、オブジェ、水彩、本 1971-2006
    • とちぎ美術探訪―県内ミュージアムが誇る日本絵画の名品たち
    • 清水登之のすべて
  • 2008年度
    • 十二の旅:感性と経験のイギリス美術
    • 長重之展 〈時空のパッセージ〉―足利の来し方、世界の行く末―
    • 朝鮮王朝の絵画と日本 宗達、大雅、若冲も学んだ隣国の美
    • 出光美術館コレクションの至宝 茶の湯の美 茶道具との出会い・語らい
  • 2009年度
    • 躍動する魂のきらめき―日本の表現主義―
    • 中国現代美術との出会い―日中当代芸術にみる21世紀的未来―
    • ―日本画創造の苦悩と歓喜―大正期、再興院展の輝き
    • 魅力再発見!ニッポンの油絵 三沢厚彦 アニマルズ in TOCHIGI
  • 2010年度
  • 2011年度
    • 妻の遺した秘密の絵 関谷富貴の世界
    • 「画像進化論」展
    • 石川寒巌展 絵にこめられた魂 青木世一AOKIT展 ―箱の中の名画たち
    • 特別展 浅川巧生誕120年記念 浅川伯教・巧兄弟の心と眼 ―朝鮮時代の美
  • 2012年度
    • 開館40周年記念企画(1)栃木に生きる ―風土・ひと・芸術―
    • 開館40周年記念企画(2) 復興祈念〈とちぎアート・ドキュメント〉光あれ!―光と闇の表現者たち
    • 開館40周年記念企画(3)ゆく河の流れ ―美術と旅と物語― / 〈特別展示〉 高橋由一
    • 開館40周年記念企画(4)アジアをつなぐ ―境界を生きる女たち 1984-2012
  • 2013年度
    • 全館展示 コレクション万華鏡 西洋名画から無名画家の発見まで─美術館活動40年の成果
    • マンハッタンの太陽THERMODYNAMICS OF THE SUN 光学芸術から熱学芸術への拡張:18世紀から21世紀の“太陽画”の系譜
    • 〈とちぎアート・ドキュメント〉みる、ふれる、きくアート─感覚で楽しむ美術
    • 栃木県誕生140年記念 下野新聞創刊135周年記念 NHK宇都宮放送局開局70周年記念 栃木放送開局50周年記念 日本近代洋画への道 山岡コレクションと高橋由一の名品を中心に
  • 2014年度

アクセス編集

脚注編集

  1. ^ 教育・文化”. 第64回 栃木県統計年鑑 平成30(2018)年版. 栃木県統計課 (2019年11月20日). 2020年8月27日閲覧。
  2. ^ 公立博物館における来館者数の状況について”. 文化庁 (2019年10月). 2020年8月27日閲覧。
  3. ^ 栃木県立美術館のご案内”. 栃木県県民文化課 (2020年4月1日). 2020年8月27日閲覧。
  4. ^ 県民生活部”. 栃木県財政課予算担当 (2020年2月7日). 2020年8月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集