栃木県道64号宇都宮向田線

日本の栃木県の道路

栃木県道64号宇都宮向田線(とちぎけんどう64ごう うつのみやむかだせん)は、栃木県宇都宮市から同県那須烏山市に至る主要地方道に指定された県道である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
栃木県道64号標識
栃木県道64号宇都宮向田線
主要地方道宇都宮向田線
路線延長 28.802 km
制定年 1977年
起点 宇都宮市本町【北緯36度33分41.6秒 東経139度52分58.9秒 / 北緯36.561556度 東経139.883028度 / 36.561556; 139.883028 (県道64号起点)
終点 那須烏山市向田【北緯36度37分22.5秒 東経140度09分10.5秒 / 北緯36.622917度 東経140.152917度 / 36.622917; 140.152917 (県道64号終点)
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0004.svg 国道4号
Japanese National Route Sign 0004.svg新4号国道
Japanese National Route Sign 0408.svg 国道408号
Japanese National Route Sign 0294.svg 国道294号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

 
塙田トンネル

宇都宮市市街地からJR東北新幹線宇都宮線東北線)をくぐって宇都宮駅東口の大通り(通称:鬼怒通り)に合流し、柳田大橋で鬼怒川を越えてから北東に進路を変え、芳賀町北部や高根沢町南部など町境を頻繁に越える地点を通りながら那須烏山市南部の向田に向かう。宇都宮市塙田地内において、栃木県庁舎を取り囲む道路が同県道に指定されているのは、県庁周辺道路渋滞緩和策として「塙田トンネル」を建設するための措置である。

朝夕の慢性的な渋滞が発生している宇都宮市街地と清原工業団地・芳賀工業団地を結ぶ新たなルートとして、バイパス「宇都宮テクノ街道」が2008年平成20年)に部分開通した。

県庁前のトチノキ並木は、読売新聞社選定の「新・日本街路樹100景」(1994年)のひとつに選定されている[1]

路線データ編集

全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML

歴史編集

路線状況編集

通称編集

いずれも宇都宮市により制定された宇都宮市区間の愛称である。

  • 中央通り(宇都宮市本町 - 県庁正門前)
  • 県庁西通り(宇都宮市県庁正門前 - 塙田トンネル西)
  • 県庁前通り(宇都宮市県庁正門前 - 今泉町)
  • 白楊高通り(宇都宮市今泉町 - 元今泉町、旧称・宇農前通り)
  • 鬼怒通り・柳田街道(宇都宮市東宿郷 - 道場宿町)

バイパス編集

  • 宇都宮テクノ街道[注釈 1](宇都宮市 - 芳賀町)

重複区間編集

道路施設編集

  • 柳田大橋(宇都宮市道場宿町、1989年3月完成・供用開始)[5]
  • 塙田トンネル(宇都宮市塙田五丁目)

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

 
宇都宮市塙田1丁目付近
 
芳賀町八ツ木付近
 
市貝町見上付近

※印は立体交差

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 一般公募により決定された愛称[4]

出典編集

  1. ^ 浅井建爾 『道と路がわかる辞典』(初版)日本実業出版社、2001年11月10日、127頁。ISBN 4-534-03315-X 
  2. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  3. ^ LRT工事情報”. 宇都宮市役所 (2018年11月14日). 2020年9月26日閲覧。
  4. ^ 道路愛称・橋梁名称決定”. 栃木県宇都宮土木事務所 (2011年1月31日). 2013年4月9日閲覧。
  5. ^ 「清原地域振興協議会 30周年記念誌」清原地域振興回 2015年1月7日 P20

参考文献編集

  • 栃木県県土整備部道路保全課 『道路現況調書 平成19年4月1日現在』、2008年。

関連項目編集