栄原 永遠男(さかえはら とわお、1946年10月25日[1]- )は、日本の歴史学者日本古代史専攻。大阪市立大学名誉教授。大阪歴史博物館名誉館長[2]

栄原 永遠男
人物情報
生誕 (1946-10-25) 1946年10月25日
日本の旗 日本 東京都
出身校 京都大学文学部
学問
研究分野 日本古代史
研究機関 京都大学文学部
追手門学院大学
大阪市立大学
テンプレートを表示

経歴編集

東京に生まれ、まもなく大阪に移る[2]。1969年京都大学文学部を卒業し、[2]1974年同大学院文学研究科単位取得退学[2]。1975年追手門学院大学講師、助教授をへて、1981年大阪市立大学文学研究科助教授[2]。1993年「奈良時代流通経済史の研究」で京都大学文学博士、第16回角川源義賞(国史学部門)を受賞[2]。94年同大学文学部教授[2]、2001年同大学文学研究科をへて2005年、2006年には同大学の文学研究科長・文学部長を務めた[2]。2010年大阪市大定年、特任教授・名誉教授[2]。2014年大阪歴史博物館館長。2020年名誉館長[3]

木簡学会会長、出土銭貨研究会会長、正倉院文書研究会代表、東大寺史研究所所長[2]一般財団法人大阪市文化財協会理事長[4]

著書[2]編集

  • 『日本の歴史 4 天平の時代』集英社 1991
  • 『奈良時代流通経済史の研究』塙書房 1992
  • 『日本古代銭貨流通史の研究』塙書房 1993
  • 『今よみがえる紫香楽宮 新しい淡海文化の創造に向けて 改訂版』信楽町教育委員会 1999
  • 『奈良時代の写経と内裏』塙書房 2000
  • 『奈良時代写経史研究』塙書房 2003
  • 『紀伊古代史研究』思文閣出版 2004
  • 『よみがえらそう紫香楽宮 甲賀寺と紫香楽宮』甲賀市教育委員会 2007
  • 『正倉院文書入門』角川学芸出版 角川叢書 2011
  • 『日本古代銭貨研究』清文堂出版 2011
  • 『万葉歌木簡を追う』和泉書院 人文学のフロンティア大阪市立大学人文選書 2011
  • 聖武天皇と紫香楽宮』敬文舎 日本歴史私の最新講義 2014

共編著編集

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』1987,2002
  2. ^ a b c d e f g h i j k “栄原永遠男|サポーターの皆様 - 太閤なにわの夢募金” (日本語). 太閤なにわの夢募金. https://www.toyotomi-ishigaki.com/supporter/35.html 2018年11月7日閲覧。 
  3. ^ [1]
  4. ^ [2]