メインメニューを開く

栄村隆康

日本の野球審判員

栄村 孝康(さかえむら たかやす、本名:隆康(読み同じ)、1967年9月15日 - )は、神奈川県出身のプロ野球審判員である。現役引退時の袖番号は2

目次

来歴・人物編集

日大藤沢高校から日本大学を経て、1991年に審判員としてパシフィック・リーグに採用される。

1992年8月31日西武ロッテ戦で一軍初出場を果たし、2014年シーズン終了時までの出場試合数は1871試合。オールスターゲームを3回(1997年、2000年、2011年)、日本シリーズを1回(2004年)。(オールスターでは2000年第1戦、日本シリーズでは第4戦で球審を)担当。2005年4月1日の楽天対西武1回戦(フルキャストスタジアム宮城で楽天球団初の本拠地ホームゲーム)で球審を務めた時に右手人差し指にファウルボールを受け骨折(全治1か月)。2006年には1000試合出場を、2010年には1500試合出場を達成。2008年より登録名を「孝康」に変更。

趣味はパチンコ。

2010年10月19日、ロッテが史上初めてリーグ3位からの日本シリーズ進出を決めたクライマックスシリーズファイナルステージ第6戦で球審を務めた。

2015年は一軍、二軍とも出場試合はなく、同年を持って現役を引退。2016年からは審判技術委員補佐となる。

栄村審判絡みのトラブル編集

  • 2009年5月15日の楽天対日本ハム(Kスタ宮城)で球審の栄村から退場宣告を受けた山崎武司(楽天)は「下手くそに下手くそって言って何が悪い。栄村には全球団のやつがやられている。代表して言っただけ」とコメントした[1]
  • 球審を務めた2009年7月14日の西武対楽天10回戦(西武ドーム)で、無死満塁の場面で中村剛也が放ったゴロを三塁手・中村紀洋がホームに送球。捕手の中谷仁が一度、球を落とした[2]が「完全捕球をした」と栄村球審はアウトを宣告した。しかし、捕手が落球しているのでセーフだと西武の渡辺久信監督は9分間に及ぶ抗議をしたが結局判定は覆らず、得点は認められなかった。西武はコミッショナーに質問状を提出した[3]

審判出場記録編集

  • 初出場:1992年8月31日、西武対ロッテ22回戦(西武球場)、右翼外審。
  • 出場試合数:1871試合
  • オールスターゲーム出場:3回
  • 日本シリーズ出場:1回

(記録は2015年シーズン終了時)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集