メインメニューを開く

栄樹院(えいじゅいん、文化2年1月23日1805年2月22日) - 安政5年9月10日1858年10月16日))は、薩摩藩主・島津斉彬の正室。父は一橋徳川家当主・徳川斉敦、母は於弥与(樋口氏)。最初、英姫(ふさひめ[注釈 1])、後に恒姫と名乗った。

生涯編集

文化9年(1812年)に島津斉彬と婚約、文化12年(1815年)に江戸高輪の島津邸に入る。文政9年(1826年)、当時世子だった斉彬に嫁ぐ。

嫡子を産んでいるがことごとく夭折しており、お由羅騒動天璋院輿入れに影響した。

安政5年(1858年)に斉彬が死去すると、それを追うように2か月後に亡くなった。

登場作品編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ NHK大河ドラマ「篤姫」での読みは「ひさひめ」となっている。

出典編集