栗山潜鋒

栗山 潜鋒(くりやま せんぽう、寛文11年(1671年) - 宝永3年4月7日1706年5月18日))は、江戸時代中期の朱子学者。水戸藩士。

山城国に生まれ、山崎闇斎の門士、桑名松雲に学んだ。1692年水戸藩主徳川光圀に招かれ、三宅観瀾安積澹泊らと共に、『大日本史』の編集に従事した。 著書として『保建大記』などを著している。