メインメニューを開く

栗山潜鋒

栗山 潜鋒(くりやま せんぽう、寛文11年(1671年) - 宝永3年4月7日1706年5月18日))は、江戸時代中期の史学者。 名は愿(すなほ)、字は伯立(はくりゅう)、または成信。通称は源助(源介)。 山城国藩石川氏に仕える儒者・長沢良節(りょうせつ)の長男[1][2]。栗山は叔父の姓。

貞亨元年(1684年)、14歳の時京都に出て、山崎闇斎の門士桑名松雲に学び、同年、鵜飼錬斎の推挙によって後西天皇の皇子八条宮尚仁親王の侍読となる[3][4]。 18才の時、『保建大記』の初稿『保平反正録』を著して尚仁親王に奉る。

元禄5年(1692年)、水戸藩主徳川光圀に招かれ学官となり、 元禄10年(1697年)、28歳の若さで、300石を以て彰考館総裁。 三宅観瀾安積澹泊らと共に『大日本史』の編集に従事。 寛永3年(1706年)没。享年36才。駒込龍光寺に葬られる。 明治40年(1907年)、贈従四位。

著書に『保建大記』、『倭史後篇』、『弊帚集』、『神功皇后論』、『潜鋒詩稿』などがある。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 倭史後篇上二
  2. ^ 大日本倫理思想発達史 下
  3. ^ 三上参次『尊皇論発達史』
  4. ^ 『国民道徳叢書第2編』