メインメニューを開く

栗東インターチェンジ

日本の滋賀県栗東市にある名神高速道路のインターチェンジ

栗東インターチェンジ(りっとうインターチェンジ)は、滋賀県栗東市にある名神高速道路インターチェンジである。

栗東インターチェンジ
栗東インターチェンジ(出口料金所)
栗東インターチェンジ(出口料金所)
所属路線 E1 名神高速道路
IC番号 30
料金所番号 01-209
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0001.svgJapanese National Route Sign 0008.svg 栗東 草津
起点からの距離 458.2 km(東京IC起点)
栗東湖南IC (1.2 km)
(6.2 km) 草津JCT
接続する一般道 国道1号国道8号
滋賀県道55号上砥山上鈎線
供用開始日 1963年7月16日
通行台数 25,658台/日
2015年度(平成27年度))
所在地 520-3016
滋賀県栗東市小野758
備考 NEXCO西日本関西支社滋賀高速道路事務所併設
滋賀県警察高速道路交通警察隊本隊併設
テンプレートを表示
出口案内標識

目次

概要編集

守山市野洲市などの最寄りインターチェンジであり、国道1号国道8号の分岐点に近接してインターチェンジは設置されている。インターチェンジの料金所から国道1号・国道8号までは1kmほど離れているが料金所からそのまま自動車専用道路で各国道まで結ばれている。各国道との合流部を栗東第二インターチェンジ(りっとうだいにインターチェンジ)と呼ぶこともある。また、便宜的に国道1号と国道8号の分岐点を含めて栗東(第二)インターチェンジと呼ぶこともある。

一般道路からの流入出ランプは各2車線確保されているなど、1963年昭和38年)に日本初となる高速自動車国道の名神高速道路開通時の東の玄関口として重要な位置づけであったことを伺わせる作りになっている。また、流入ランプと管理事務所の通路の間にある側道から併設される施設からの車両が出入りするために、インターチェンジの出入りも出来る。

バスストップも併設しているが、JR西日本による鉄道路線の輸送改善で利用者が減少したため、2002年名神ハイウェイバス急行便廃止により、停車するバス路線は無くなった。

NEXCO西日本関西支社滋賀高速道路事務所と滋賀県警察本部交通部高速道路交通警察隊の本隊が併設されている。長らく滋賀県警の高速道路交通警察隊の本隊は彦根ICに併設されていたが、2008年2月23日新名神高速道路亀山JCT-草津田上ICが開通することにより、当ICの交通量の増加が予想されているため移転となった。これにより移転前の栗東分駐隊の施設を増築している。

新名神高速道路部分開通後は、当インターから豊田JCT以東の東京方面へは、新名神経由の方が距離は短い。

当インターのループ内には、古墳(佐世川古墳)がある。

利用状況編集

草津田上インターの開通や新名神の開通により更に栗東湖南インターの開業などで栗東インターの通行台数は減少したが、それでも未だに通行台数は滋賀県内では最多である。インターからは国道1号・国道8号などの幹線道路と連絡しており、栗東インターの利用範囲はかなり広い。栗東インター周辺には物流会社や倉庫、工場などが多く立地しており、日中は通行車両が絶えず、また夜間も通行台数は多い。

歴史編集

道路編集

接続する道路編集

料金所編集

  • ブース数:12

入口編集

  • ブース数:5
    • ETC専用:2
    • 一般:3

出口編集

  • ブース数:7
    • ETC専用:2
    • 一般:5

周辺編集

編集

E1 名神高速道路
(29-3) 栗東湖南IC - (30) 栗東IC - (30-1) 草津JCT

栗東市との関係編集

栗東ICが所在する栗東市では、栗太郡栗東町の時代に栗東ICをイメージした町章を制定しており、これが市制施行後にも引き継がれている。 栗東ICの設置によって企業や栗東トレーニングセンターが進出し、その関係者が転入したことによって栗東町(当時)の人口は急速に増加している[2]。また、産業面では工業化が進展した[3]一方で、農業の衰退が見られている[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 3月24日実験開始「道の駅」が高速道路の立ち寄り施設に!”. 国土交通省近畿地方整備局・西日本高速道路・中日本高速道路 (2018年2月28日). 2019年1月7日閲覧。
  2. ^ 日本道路公団審議室 1986, p. 5.
  3. ^ 日本道路公団審議室 1986, p. 17.
  4. ^ 日本道路公団審議室 1986, p. 9.

参考文献編集

  • 『名神高速道路が栗東地域に及ぼした影響調査』日本道路公団審議室、1986年2月。

関連項目編集

外部リンク編集