栗田照久(くりた てるひさ、1963年8月21日 - )は日本財務金融官僚金融庁総合政策局長。金融庁監督局長などを歴任。

来歴編集

京都府出身。立命館高等学校京都大学法学部卒業。京大法学部の4年次に国家公務員一種試験(法律)を合格[1][2]1987年 大蔵省に入省。配属先は理財局国債課[2]。入省時の課長は坂本導聡、課長補佐は滝本豊水畑中龍太郎道盛大志郎1992年7月 仙台国税局白河税務署長1999年7月 金融庁長官官房総務課長補佐。2000年7月 金融庁総務企画部企画課長補佐。2001年1月6日 金融庁総務企画局企画課長補佐。2006年7月 金融庁監督局総務課監督調査室長。2007年8月27日 金融庁総務企画局総務課企画官(渡辺金融担当大臣秘書官(事務担当))。2009年7月14日 金融庁監督局証券課長兼監督局証券課市場機能支援室長。2013年6月28日 金融庁監督局銀行第一課長兼監督局総務課。2014年7月4日 金融庁総務企画局総務課長2016年6月17日 金融庁総務企画局参事官(監督局担当)。2018年7月17日 金融庁監督局長2022年6月24日 金融庁総合政策局長

略歴編集

脚注編集