メインメニューを開く

概要編集

地区の北西端に信越本線北陸新幹線が走り、長野駅(東口)が置かれている。東部を東通り、西部を都市計画道路長野駅東口線が南北に走る。周囲は以下の大字町丁と接する。

概ね都市計画道路長野駅東口線を境にして、東部の栗田区(栗田町)と西部の北中区(北中町)に二分される。

 
栗田神社(栗田城跡)

古くは農村であり、戸隠善光寺別当の栗田氏が治めた。栗田氏が妻科村日吉社を勧請したため、その土地のみ栗田村の飛び地となっていた。神社が栗田村本村の栗田城跡に移転したのちも、神社跡の土地(現 南石堂町山王)は現在に至るまで栗田区の所有となっている。最近では土地に残っていた樹齢500年以上というケヤキについて、栗田区の事情で市の保存樹林指定が解除され伐採されたことで、地元南石堂町で反発の声が上がるといった出来事があった。

1888年明治21年)の長野駅の開業以降、鉄道関連の施設が多く置かれるようになる。

表口である善光寺口側に対して、裏口である東口側は至便な住宅地として急速な発展を遂げた。しかし無秩序な発展が進んだことから生活環境や防災上の問題があり[2]1993年平成5年)から長野駅周辺第二土地区画整理事業が進められている。58ha、1,200戸を対象としたこの大規模事業は住民の反対運動等により当初計画より遅れている[3]ものの、2018年度(平成30年度)の完了を目指し[4]日々新たな街の姿が生まれている。特に、1997年(平成9年)の北陸新幹線高崎 - 長野間の開業に伴う長野駅東口広場の整備によって東口は長野市の鉄道自動車交通の結節点として機能するようになり、松本駅に代わって白馬大町方面への玄関口となっている。

沿革編集

大字栗田の範囲は、概ね1879年明治12年)時点の上水内郡栗田村の範囲に相当する。

旧栗田村の歴史
長野市栗田の歴史

行政区編集

地区内の行政区郵便番号人口及び世帯数(平成30年1月1日現在)[1]は以下の通り。

行政区名 郵便番号 人口・世帯数
栗田(くりた) 380-0921 2,298世帯 4,826人
北中(きたなか) 380-0927 489世帯 934人

交通編集

鉄道編集

JRしなの鉄道長野駅(東口)があり、以下の路線が利用できる。

また、東西地下通路を介して、長野電鉄長野駅を利用できる。

路線バス編集

長野駅東口から発着する、アルピコ交通川中島バス)・長電バスの以下の路線系統が利用できる。

地区東部では、東通りを走るアルピコ交通(川中島バス)の以下の路線系統が利用できる。

そのほか、東西自由通路を介して長野駅善光寺口から市内路線バスのほとんどが利用できる。

施設編集

栗田編集

 
日本郵政グループ長野ビル

北中編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 長野市町別人口及び世帯数 - 長野市企画政策部企画課
  2. ^ 長野駅東口界隈 - 牛歩村日記(個人ブログ)…区画整理前の画像あり
  3. ^ ニュースのはてな『長野駅東口の再開発事業』 - NHK長野放送局(2010年6月28日放送)
  4. ^ 長野駅周辺第二土地区画整理事業の概要 - 長野市市街地整備局駅周辺整備課

外部リンク編集