栢木寛照

日本のバラエティタレント、実業家、天台宗の僧侶、評論家

栢木 寛照(かやき かんしょう、1946年3月13日 - )は、天台宗の僧侶、評論家。第104代善光寺大勧進貫主。

人物編集

滋賀県甲賀郡水口町(現甲賀市水口町)生まれ。5人兄弟。既婚、1女あり。滋賀県大津市在住。 好きなケーキはモンブラン。居合道四段。灯籠流しを毎年している。長女は声楽の栢木佐和子。 株式会社蓮葉代表取締役会長で野洲市長の栢木進は弟[1]。日本の死刑制度を個人的に支持している。

略歴編集

水口中学校、高校卒業後、大学に入学するが中途退学。サラリーマンになる。

1968年比叡山において出家、叡山学院で学ぶ[要出典]。天台宗金乗院住職、比叡山麓三宝莚住職、天台宗慈照院住職。天台宗宗議会議員、社団法人三宝莚国際交流協会理事長、北マリアナ連邦名誉市民・名誉大使[2]

1977年、カルロス・S・カマチョ北マリアナ諸島知事に立候補した時、本人から依頼され、学生援護会の井上陽子、井上美悠紀に話を持っていったところ、話がまとまった。カマチョとの強力なコネクションを持った栢木は、それを基盤にサイパン旅行を毎年年1回、40年以上することになった。

1996年第41回衆議院議員総選挙滋賀県第3区から自由民主党公認で立候補したが、落選した。1999年1月1日、長女が誕生。

2000年、大津プリンスホテルで、高山登久太郎宮崎学とのトークショーを企画するも、直前で滋賀県警に阻止された。

2015年、長野善光寺大勧進の副住職に就任する[3]。自身のラジオ番組「栢木寛照 熱血説法 こころのラジオ」を持っている。

2020年、副住職を務める善光寺大勧進で、僧侶17人による2019新型コロナウイルスSARS-CoV-2)沈静法要の導師を務める[4][5][6]

2022年4月18日、病気療養中であった大勧進貫主の瀧口宥誠が遷化したことを受けて、特命住職として貫主業務を代行してきたが、同年6月17日付で後任の大勧進貫主に就任した[7]

著書編集

  • 『大人が育てば子も育つ 熱血和尚のにんげん説法』二期出版 1991 『親が育てば子も育つ』徳間文庫
  • 『いつまでも愛 もっと魅力的に人生を生きるために 熱血和尚のにんげん説法2』二期出版 1992
  • 『時代のこころ人のこころ 中江藤樹に学ぶ 熱血和尚のにんげん説法3』二期出版 1994
監修
  • 『行者 劇画』中島たを作画構成 監修 三宝莚出版部 1980

出演番組編集

ほか単発バラエティ番組多数 - 横山ノックが見守る中、心臓などに計器をつけてジェットコースターに乗りどれくらい心臓がどきどきするかをはかったりするなど、そういう類のことを多数していた[要出典]

脚注編集

  1. ^ [1][2][3]
  2. ^ 『親が育てば子も育つ』著者紹介
  3. ^ 三法筵国際交流協会
  4. ^ 信濃毎日新聞2020年3月26日
  5. ^ 毎日新聞2020年3月26日
  6. ^ 読売新聞2020年3月26日
  7. ^ 長野・善光寺の新貫主に栢木寛照氏 - 産経ニュース 2022年6月24日

関連項目編集

外部リンク編集

栢木寛照 (people/栢木寛照/100034731951680) - Facebook