栩木 伸明(とちぎ のぶあき、1958年10月20日[1] - )は、アイルランド文学者、早稲田大学文学学術院教授。

人物編集

東京都生まれ。神奈川県立川和高等学校を経て、1982年上智大学文学部英文科卒、1987年同大学院文学研究科英文学専攻博士課程単位取得退学。白百合女子大学講師、助教授、2000年教授、2002年早稲田大学文学部教授、文学学術院教授。専攻は現代アイルランド文学・文化。妻は法政大学教授(英文学)の栩木玲子

2014年、『アイルランドモノ語り』で第65回読売文学賞(随筆・紀行賞)受賞。[2][3]

著書編集

翻訳編集

  • 『ヴァチカン 美術館・市国・サン・ピエトロ大聖堂』ミュージアム図書 1992
  • キアラン・カーソン『琥珀捕り』東京創元社 2004
  • J・M・シングアラン島みすず書房 2005「大人の本棚」、新版2019
  • ウィリアム・トレヴァー『聖母の贈り物』国書刊行会(短篇小説の快楽) 2007
  • コラム・マッキャン『ゾリ』みすず書房 2008
  • サイモン・アーミテージ『キッド』四元康祐共訳 思潮社 2008
  • キアラン・カーソン『シャムロック・ティー』東京創元社 2009
  • ウィリアム・トレヴァー『アイルランド・ストーリーズ』国書刊行会 2010
  • キアラン・カーソン『トーイン クアルンゲの牛捕り』東京創元社 2011
  • コルム・トビーン『ブルックリン』白水社(エクス・リブリス) 2012
  • ブルース・チャトウィン『黒ヶ丘の上で』みすず書房 2014
  • コルム・トビーン『マリアが語り遺したこと』新潮社クレスト・ブックス)2014
  • ウィリアム・バトラー・イェイツ『赤毛のハンラハンと葦間の風』平凡社 2015
  • ウィリアム・トレヴァー『異国の出来事』国書刊行会 2016
  • ウィリアム・バトラー・イェイツ『ジョン・シャーマンとサーカスの動物たち』平凡社 2016
  • ウィリアム・トレヴァー『ふたつの人生』国書刊行会 2017
  • コルム・トビーン『ノーラ・ウェブスター』新潮社(クレスト・ブックス)2017
  • ウィリアム・トレヴァー『ラスト・ストーリーズ』国書刊行会 2020

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.331
  2. ^ http://info.yomiuri.co.jp/culture/2014/02/post-57.html 第65回読売文学賞 随筆・紀行賞 栩木伸明]」早稲田大学 2014年2月6日閲覧
  3. ^ http://www.waseda.jp/jp/news13/140204_ireland.html 栩木伸明教授(文学学術院)が第65回読売文学賞を受賞 著書『アイルランドモノ語り』に対して〈随筆・紀行賞部門〉]」早稲田大学 2014年2月6日閲覧

関連項目編集