メインメニューを開く

根北線

かつて日本の北海道に存在した鉄道路線

根北線(こんぽくせん)は、かつて北海道斜里郡斜里町内の斜里駅(現・知床斜里駅)と越川駅を結んでいた日本国有鉄道(国鉄)の鉄道路線である。1970年昭和45年)に全線が廃止された。

Japanese National Railway logo.svg 根北線
未成区間の越川橋梁(国道244号上から)
未成区間の越川橋梁(国道244号上から)
概要
現況 廃止
起終点 起点:斜里駅(現・知床斜里駅
終点:越川駅
駅数 7駅
運営
開業 1957年11月10日 (1957-11-10)[1]
廃止 1970年12月1日 (1970-12-1)[1]
所有者 日本国有鉄道
路線諸元
路線総延長 12.8 km (8.0 mi)[1]
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)[1]
電化 全線非電化[1]
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線(廃止当時)
釧網本線
eABZq+l BHFq
0.0 斜里駅
exBHF
4.6 以久科駅
exHST
(5.8) 西二線仮乗降場
exBHF
8.2 下越川駅
exHST
(9.5) 十四号仮乗降場
exHST
(11.0) 十六号仮乗降場
exBHF
12.8 越川駅
exhKRZWae
越川橋梁 幾品川
exLSTR
未成区間
斜里駅周辺の空中写真(左上の斜里駅から東南に向かって根北線が敷設されている。並行する道路は現在の国道244号[2]
越川橋梁周辺の空中写真[3]

概要編集

改正鉄道敷設法別表149号に規定する「根室國厚床付近ヨリ標津ヲ經テ北見國斜里ニ至ル鐡道」として盛り込まれた路線のうち、標津線として開業した区間(1989年〈平成元年〉廃止)を除いた斜里駅(現:知床斜里駅) - 根室標津駅間にあたる全長およそ57 km の計画路線であった。実際に開通したのは斜里町内の斜里駅 - 越川駅間の12.8 km[4]のみであったが、このほか未成区間の建設も進められていたため、現在でも遺構が残る。

線名の「根北」は根室国北見国の意味である。

路線データ(廃止時)編集

歴史編集

  • 1937年(昭和12年):第1工区(斜里 - 越川)着工[4]
  • 1938年(昭和13年):第2工区(越川 - 下越川)着工[4]
  • 1939年(昭和14年):第2工区の越川橋梁(第一幾品川橋梁)が完成
  • 1940年(昭和15年):太平洋戦争の開戦により建設中断。レール・橋げたは撤去された[4]
    • この時期までに着工していた区間には諸説あるが、国土地理院地図・空中写真閲覧サービス[5]で閲覧可能な米軍空中写真では根北峠を越えて瑠辺斯に至ろうとした形跡が見られる。
  • 1952年(昭和27年):建設再開[4]
  • 1957年(昭和32年)11月10日:斜里駅 - 越川駅間 (12.8 km) 開業[4][1]。同区間に以久科駅、下越川駅、越川駅を新設[1]
    • 開通当初は旅客列車4往復と貨物列車1往復が運転されていた[4]
  • 1958年(昭和33年)月日不明:西二線(以久科 - 下越川間)、十四号、十六号(下越川 - 越川間)の各仮乗降場を新設[1]
  • 1960年(昭和35年)7月:全線で貨物営業を休止[4]
  • 1968年(昭和43年)9月:国鉄諮問委員会によるいわゆる「赤字83線」に根北線が挙げられる[4]
  • 1970年(昭和45年)
    • 10月1日:国鉄が運輸大臣あてに根北線の運輸営業の同年11月末限りでの廃止を申し出る[4]
    • 10月15日:上記の申請を運輸大臣が許可[4]
    • 12月1日:全線廃止[4][1]
      • 末期は旅客列車2往復のみの運転であった[4]

収支・利用状況編集

収支編集

営業最終年度である1970年(昭和45年)度の収支は以下の通り[6]。収支係数2,039は同年営業していた国鉄線では宇品線(4,049)、世知原線(3,053)、丸森線(2,865)、臼ノ浦線(2,307)に次ぐワースト5位であり北海道内では最悪であった[6]

根北線
年度 収支(百万円) 収支
係数
(%)
備考 出典
営業

収益

営業

費用

営業

損益

1970年(昭和45年)度 1 13 ▲12 2,039 同年は11月30日まで営業。翌日付で廃止 [6]

平均乗車人員編集

一日平均乗車人員(人)の推移[4]
年度 1960 1965 1966 1967 1968 1969
普通 72 47 37 24 24 17
定期 71 90 91 106 110 83
合計 143 137 128 130 134 100

廃止の要因編集

旅客面編集

根北線は全線で平坦区間が3パーセントほど、20パーミル以上の急勾配区間が16パーセントほどを占める路線で、気動車の速度は約32 km/h が限度であり、斜里 - 越川間12.8 kmに24分をかけて運行していた[4]

一方、斜里 - 標津間には網走と根室を結ぶ国道244号がすでに全通しており、1970年(昭和45年)当時斜里バスによるバス路線が5往復/日運転されていた。このバスは斜里 - 越川間を鉄道より若干遅い程度の27分で結び、利用人員は国鉄の2倍を数え今後の道路整備による時分短縮が見込まれた[4]。また、沿線の自家用車保有台数は当時0.9台/戸と当時の全道平均(0.4台/戸)よりも高かった[4]

加えて沿線人口は開通直後の1960年(昭和35年)の2300人から末期には1785人と2割強減少しており、延伸予定区間もほとんどが山岳地帯であり人口は稀薄であった[4]

以上の事情から急速に旅客数が減少し、上記の通り1969年(昭和44年)の1日平均乗車人員は1960年(昭和35年)比70%の100人まで落ち込んだ[4]

一日平均乗車人員(人)の推移[4]
年度 1960 1965 1966 1967 1968 1969
普通 72 47 37 24 24 17
定期 71 90 91 106 110 83
合計 143 137 128 130 134 100

貨物輸送面編集

上記の線路規格の悪さから、貨物列車の牽引定数も230トンが限度とされるなど輸送に限界があった[4]

根北線廃止当時の沿線の主要な生産物としてテンサイと木材があったが、テンサイ輸送は1970年(昭和45年)時点でトラック輸送に移行、開業時約6000トン/年を数えた木材輸送は資源枯渇により1960年(昭和35年)7月には休止に至っていた[4]

駅一覧編集

  • 全駅北海道斜里郡斜里町に所在。接続路線の事業者名は当路線廃止時のもの。
  • 仮乗降場には営業キロが設定されていなかった。括弧内に実キロを記す。
駅名 駅間キロ 営業キロ 接続路線
斜里駅 - 0.0 日本国有鉄道:釧網本線
以久科駅 4.6 4.6  
西二線仮乗降場 - (5.8)  
下越川駅 3.6 8.2  
十四号仮乗降場 - (9.5)  
十六号仮乗降場 - (11.0)  
越川駅 4.6 12.8  

未成区間編集

越川駅 - 上越川駅 - 瑠辺斯駅 - 糸櫛別駅 - 古多糠駅 - 浜古多糠駅 - 忠類駅 - 根室標津駅

上越川駅までは斜里町内、瑠辺斯駅からは標津町内。

廃止後の状況編集

代替バス編集

廃止時には、斜里バスが斜里 - 越川(平田宅前)間を増便して対応したが、沿線人口の大幅な減少により、路線は越川小学校までに短縮され、最終的には1日1往復が平日に残るのみとなり、2004年(平成16年)4月27日に廃止された。

廃線・未成線跡編集

全体的にその遺構は発見することが難しく、大部分が畑地や自然にかえっている。

以久科駅舎は廃止後長らく農地内に残っていたが、1998年(平成10年)頃解体された。

最大の遺構で1998年(平成10年)登録有形文化財に登録された越川橋梁は、越川から先の未成線区間にあるので実際は列車が走ったことがない。地元では「渡らずの橋」と呼ばれ、1973年(昭和48年)に国道改良工事で橋脚が2本撤去されている[7]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 今尾恵介監修『日本鉄道旅行地図帳』1号 北海道、新潮社、2008年、p.43
  2. ^ USA-R263-49(1948/05/05) 1948年5月5日米軍撮影 - 国土地理院(地図・空中写真閲覧サービス)
  3. ^ USA-R3210-7(1949/09/14) 1949年9月14日米軍撮影 - 国土地理院(地図・空中写真閲覧サービス)
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 平野(1970)pp.36-38
  5. ^ 地図・空中写真閲覧サービス - 国土地理院
  6. ^ a b c 『鉄道ピクトリアル』通巻261号 pp.86-87
  7. ^ 悌久美子 『カラー版 廃線紀行 - もう一つの鉄道旅』 中央公論社〈中公新書〉、2015年7月25日。ISBN 978-4-12-102331-5 

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集