メインメニューを開く

根岸大歌劇團(ねぎしだいかげきだん、1920年9月3日 結成 - 1924年3月 解散)は、日本のオペラ劇団である。通称根岸歌劇団。大正時代、東京浅草公園六区の一角で根岸興行部が経営する劇場「金龍館」を根城に、いわゆる「浅草オペラ」の時代を築いた中心的存在として知られる。

略歴・概要編集

1920年(大正9年)9月3日、根岸興行部2代目経営者小泉丑治ジュニアである根岸吉之助が、前年5月1日に伊庭孝高田雅夫らが「歌舞劇協会」を改組して結成した松竹専属の「新星歌舞劇団」の主要幹部を引き抜き、根岸専属とし、自らが任されている「金龍館」を本拠地に結成したのが「根岸大歌劇団」である。日本初のオペラ専門館「日本館」をしのぐ一大勢力となった[1]。初演は翌10月11日、伊庭孝作詞、竹内平吉作曲、高田雅夫コレオグラフによるオペラ『釈迦』である。『嫁の取引』では高田の弟子として同劇団に参加した二村定一(当時「二村貞一」)が初舞台を踏んでいる。「アサヒ歌劇団」から藤原義江(当時「戸山英二郎」)が参加、安藤文子の寵愛を受けたのちにイタリア・ミラノへ修行に出る。

いわゆる「浅草オペラ」のなかでも、同劇団は、1916年(大正5年)5月1日に導入した、軽演劇の常磐座、オペラの金龍館、映画の東京倶楽部の3館共通入場券(2階20銭、1階10銭)が功を奏し、帝国劇場ではまだ高級な芸術であったオペラの大衆化を実現した。

1921年(大正10年)、伊庭孝が佐々紅華東京蓄音器社員)とともに退団、奈良県生駒に「生駒歌劇団」を結成する。同年12月31日、金龍館(1911年10月1日[2])の改築を終了、営業を再開、オッフェンバックの『天国と地獄』を始め、ロッシーニヴェルディなど、現在でも知られるオペラの古典を上演しつづけた。

1922年(大正11年)3月20日ビゼーのオペラ『カルメン』を初演、そのコーラスで榎本健一(エノケン)がデビューしている。そのご佐々のオリジナルオペレッタ『勧進帳』などに出演、人気を博す。

1923年(大正12年)、広島から上京した丸山定夫が入団する。戸山が4月10日に帰国する。同年9月1日関東大震災で金龍館もろとも浅草が廃墟になり、凌雲閣も8階から上が倒壊した。根岸興行部は大打撃を受ける。同劇団は地方公演に出る。

1924年(大正13年)3月、ついに解散となる。出身者がつぎつぎ劇団を立ち上げるが往時のようにはうまくいかない。同年6月13日には、新劇築地小劇場が設立され、丸山はそれに参加する。エノケンは撮影所の集まる地域に近い京都の嵐山に去る。浅草では安来節のブームが到来し、帝国劇場でもまたその残党が立てこもった赤坂ローヤルでも苦戦したオペラが花開いた、奇蹟とも呼ばれた「浅草オペラ」は廃れてしまう。1925年清水金太郎清水静子田谷力三らによる浅草劇場での『オペラの怪人』を最後に浅草オペラは姿を消す。

メンバー編集

以下のようなメンバーが在籍した[3]。歌手は100名以上を擁したという。また、このほかに野球部も存在したとされる。[4]

経営サイド

根岸吉之助立花寛一

文芸部

石田一郎(文芸部長)、伊庭孝(脱退)、佐々紅華内山惣十郎高田保佐藤八郎

音楽部

竹内平吉篠原正雄奥山貞吉

歌手

安藤文子柳田貞一清水静子井上起久子天野喜久代松島栄美子田谷力三大津賀八郎佐藤光照堀田金星藤村悟朗清水金太郎黒田達人高田雅夫原せいこ、戸山英二郎(藤原義江)、宇津秀男石井漠木村時子石田守衛福井茂奥山貞吉榎本健一牧玲羊ビクター文芸部だが同劇団で歌った)

関連事項編集

参考音源編集

編集

  1. ^ 『舞踏に死す―ミュージカルの女王・高木徳子』吉武輝子、文藝春秋 (1985/01)、p231
  2. ^ 日本初の観覧車」の記述を参照。このページでは当時の写真も見られる。
  3. ^ 篠原正雄『歌劇の民衆化時代を語る』(『音楽之友』、第2巻第7号、1942年7月、p.68 - 75)の記述を参照。「『音楽之友』記事に関するノート 1942年7月」で要約を読むことができる。
  4. ^ 大平昌秀著 異端の系譜 p51
  5. ^ 清島利典の本名は佐々利典、佐々紅華は義父に当たる。「東京歌劇団」主宰。