メインメニューを開く

根岸短歌会(ねぎし たんか かい)は、正岡子規が主催した短歌結社[1]名前は子規庵[2]の住所(東京下谷上根岸)に由来し、子規庵での歌会から始まり、後にアララギ派に発展する。

概要編集

当時の正岡子規は、闘病生活の傍ら新聞「日本」や俳誌「ホトトギス」「心の花」などで活動、俳句や短歌の改革を唱え、俳句の近代化に成功した。そして1898年(明治31年)に「歌よみに与ふる書」を発表、万葉への回帰と写生による短歌を提唱して、写実的な短歌の実践を試みる。

根岸短歌会は1899年(明治32年)3月14日に子規庵で正岡子規、岡麓香取秀真山本鹿洲木村芳雨黒井怒堂の6名で開かれた歌会を源流とし、同郷の後輩である高浜虚子河東碧梧桐らにより結成され、伊藤左千夫長塚節らも参加した。

子規の没後、1903年(明治36年)に機関誌馬酔木」(1908年終刊)が発行され、根岸短歌会参加者に加え島木赤彦斎藤茂吉らも参加し、これが歌誌「阿羅々木」(後のアララギ)へと発展していくことになる。

脚注・出典編集