根性焼き

根性焼き(こんじょうやき)とは、のついた煙草皮膚に押し当てること。また、それにより身体にできる火傷の痕のことである。

元々は不良が自分の我慢強さを誇示するために行われる行為であるとされるが、近年ではいじめ暴行の一つとして行われることもある[1][2]

たばこの表面温度は高い時で900度に上り、皮膚に当てると火傷を起こし、長時間たばこの火を当てた場合は皮膚に隆起した形で目立った跡が残る。時間が経ち痕を消す際には病院でのレーザー治療や切除法などによる治療が必要となる[3]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 根性焼き(こんじょうやき)”. 日本語俗語辞書. 2017年1月25日閲覧。
  2. ^ 2012年仙台市私立高校生根性焼き事件など。
  3. ^ タバコを腕に押し付けた…根性焼きの傷跡を消す方法とは?”. 刺青除去ガイド. 2017年1月25日閲覧。