根本 雄伯(ねもと たけのり)は、神奈川県鎌倉市出身[1]ホルン奏者、作曲家ならびに指揮者

根本 雄伯
出身地 日本の旗 日本神奈川県鎌倉市
学歴 東京藝術大学
ジャンル クラシック音楽
職業 ホルン奏者、作曲家指揮者
担当楽器 ホルン

略歴編集

3歳からヴァイオリンを、4歳よりピアノを始める。中学校の時にホルンを始め、15歳より伊藤泰世らに師事。神奈川県立茅ヶ崎北陵高等学校[2]入学と共に作曲法、指揮法を学ぶ。1987年東京藝術大学音楽学部入学[1]。ホルンを守山光三、千葉馨らに、室内楽をアンリエット・ピュイグ=ロジェらに、指揮法を佐藤功太郎に師事。

1991年(平成3年)に京都フランス音楽アカデミー講師として訪日していたジョルジュ・バルボトゥフランス語版から強く留学を勧められたことがきっかけで、翌年フランス政府給費留学生として渡仏[3]、パリのエコールノルマル音楽院へ入学[1]し彼に師事、第6課程を一年で修了した後、1993年にパリ国立高等音楽院のアンドレ・カザレのクラスへ入学。

1996年にパリ国立高等音楽院を卒業し、エコールノルマル音楽院のジョルジュ・バルボトゥのクラスに戻る。翌年コンサートプレイヤー課程を修了し卒業。1999年にパリ国立高等音楽院大学院の室内楽科へ入学[1]モーリス・ブルグのもとで勉強する。2001年にパリ国立高等音楽院大学院卒業。2003年国立音楽院教員国家試験に合格。

活動編集

大学院在学中の2000年にパリ聖ウスタッシュ教会ニューイヤーコンサートに於いてジャン・ギユーのオルガン伴奏でソリストとしてデビュー。2003年にはパリ国際文化週間からの委嘱により作曲家としてもデビューした。

現在、ホルン奏者としての活動の傍ら、フランス・カシャン国立音楽院ホルン科、室内楽科の教授、並びに学生オーケストラの指揮者として後進の指導にあたる他、編曲家としてもパリ・オペラ座[4]、アンサンブル・ジュスティニアーナ等からの委嘱を受けるなどして、活動。

室内楽奏者としてヨーロッパ各地を始め、南米、イスラエル等の音楽祭へ頻繁に出演する他、クラシック音楽専用チャンネル《MEZZO》等にも数多く出演している。

2012年2月にはパリ・アテネ劇場に於いて笈田ヨシ演出、本人による編曲でシューベルトの『冬の旅』の舞台版を指揮[5]Les Échos紙フランス語版Libération紙などの主要な批評家から注目された[6]。同年11月には国立オペラカンパニー《ラ・ペニッシュ・オペラ》の『ヘンゼルとグレーテル』の編曲を手がけると共に指揮を行い、ル・モンド紙等で絶賛される[7]

2013年には自ら主宰するアンサンブル・ムジカ・ニゲラを率いてナント市ラ・フォル・ジュルネ並びに日本各地のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 「熱狂の日」音楽祭に登場[8]、自らの編曲による歌劇カルメンラヴェルプーランク等の作品を指揮した。またホルン奏者としても同音楽祭でフランスを代表する室内楽団《トリオ・ヴァンデレール》と共にケクランの未発表の作品《ラメント》を日本の聴衆に披露した。

演奏活動の傍ら、2005年から2015年までカシャン国立音楽学校で教鞭をとり、2017年に愛知県立芸術大学で2か月にわたり外国人客員教授として招聘された後、2018年ボルドー国立地方音楽院教授に就任。

楽団編集

  • すべて現在関わっているもの
    • 2004年 - ペレアス室内管弦楽団 首席
    • 2004年 - グルノーブル・ルーヴル宮音楽隊首席
    • 2005年 - ポワトゥーシャラント管弦楽団 首席
    • 2006年 - ムジカ・ニゲラ国際音楽祭 芸術監督[9]
    • 2010年 - アンサンブル・ムジカ・ニゲラ 音楽監督

受賞歴編集

  • 1992年(平成4年) 東京文化会館 金管新人演奏会 入選
  • 1993年 エコールノルマル音楽院 最高位ホルン演奏ディプロマ、審査員特別賞 受賞
  • 1996年 パリ国立高等音楽院 満場一致の一等賞 受賞
  • 1997年 エコールノルマル音楽院 ピアノ教育課程ディプロマ 受賞
  • 1997年 エコールノルマル音楽院 最高位コンサートプレイヤーディプロマ、審査員特別賞 受賞
  • 1999年 トゥーロン国際音楽コンクール 入賞[10]
  • 1999年 トレヴー国際ホルンコンクール 第3位受賞[10]
  • 2000年 イタリア『金の樫国際コンクール』 第2位受賞
  • 2003年 マルセイユ国際木管五重奏コンクール『アンリ・トマジ』第2位受賞
  • 2003年 ローマ国際音楽 トーナメント作曲部門[1]特別賞受賞

主なCDならびにDVD作品編集

  • ポワトゥーシャラント管弦楽団との作品 指揮:ジャン=フランソワ・エッセール
    • 「ファリャ『恋は魔術師』」 
    • 「ベルク『室内協奏曲』」
    • 「テオドール・デュボワ『協奏曲集』」
  • グルノーブル・ルーヴル宮音楽隊との作品 指揮:マルク・ミンコフスキ
    • 「モーツァルト『交響曲第40番41番』」
    • 「オッフェンバッハ『ロマンティックオッフェンバッハ』」
    • 「ヘンデル『水上の音楽』」
    • 「ベルリオーズ『イタリアのハロルド』」
    • 「ハイドン『ロンドン交響曲全集』」
    • 「シューベルト『交響曲全集』」
  • コンパニー・レ・ブリガンとの作品 指揮:バンジャマン・レヴィ
    • 「モーリス・イヴァン『君の口』」 
    • 「オッフェンバッハ『オックス博士』」
  • それ以外のオーケストラとのもの
    • 「ドニゼッティ『リタ、もしくは殴られ亭主』」 根本雄伯(指揮)
    • 「マルク=オリヴィエ・デュパン『ナナ』」 マルク=オリヴィエ・デュパン(指揮)

主な作品編集

  • 「吹奏楽のためのブラジル風スーザ
  • ユーフォニアムとオーケストラのための三つの歌」
    • 1989年 石橋美奈子(ユーフォニアム)
  • 「テューバとオーケストラのための絵画的小協奏曲」
    • 1989年 柏田良典(テューバ)
  • 「テューバ、琴とパーカッションのための《影の無い樹》」
    • 1990年 札幌テューバ・ユーフォニアム国際会議委嘱作品
  • 「フルートとハープのための《受胎告知》」
  • 「クラリネット、チェロとピアノのための《中原中也の三つの詩》」
    • 2003年 パリ外国文化週間委嘱作品
  • 「児童合唱、チェロとパーカッションのための《鉢かつぎ姫》」
    • 2006年 アンサンブル・ジュスティニアーナ委嘱作品
  • 「メゾソプラノとアンサンブルのための《艶かしい墓場》」
    • 2010年 ムジカニゲラ音楽祭委嘱作品
  • 「メゾソプラノ、児童合唱とオーケストラのための《東風が樹々に囁いたのは》」
    • 2010年 ブザンソン管弦楽団委嘱作品

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d Takénori Némoto • 根本雄伯 - Accueil”. 根本雄伯. 2019年5月28日閲覧。
  2. ^ 県立茅ケ崎北陵(4) - 神奈川 - 地域”. 朝日新聞デジタル. 2019年5月28日閲覧。
  3. ^ 在日フランス大使館発行旧フランス政府給費留学生名簿 2003年3月31日
  4. ^ Simon Corley. “Der Mond”. 2010年10月6日閲覧。
  5. ^ Athénée, Théâtre Louis-Jouvet. “Voyage d'hiver”. 2012年3月11日閲覧。
  6. ^ Revue de presse. “On en parle”. 2014年3月1日閲覧。
  7. ^ Pierre Gervasoni. “Hänsel et Gretel, deux ados égarés en banlieue”. 2014年3月1日閲覧。
  8. ^ ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン. “根本雄伯”. 2014年3月1日閲覧。
  9. ^ パ・ドゥ・カレ県議会. “Musica Nigella, festival de musique de chambre et lyrique dans le Montreuillois”. 2010年5月4日閲覧。
  10. ^ a b 福澤守 「根本雄伯、フランスで活躍する日本人ホルン奏者」パイパーズ244号 2001年12月

外部リンク編集