メインメニューを開く

根津 由喜夫(ねづ ゆきお、1961年昭和36年)2月 - )は、日本歴史学者文学博士京都大学)。金沢大学人間社会研究域歴史言語文化学系教授(人文学類担当)。専門は中・後期ビザンツ帝国史。群馬県生まれ。

目次

経歴編集

群馬県立沼田高等学校を経て、金沢大学法文学部史学科を卒業。1990年3月、京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学。金沢大学に戻り、2009年に教授。2013年、「ビザンツ貴族と皇帝政権 -コムネノス朝支配体制の成立過程-」で文学博士(京都大学)[1]

日本西洋史学会、西洋史読書会、日本ビザンツ学会に所属している。

著書編集

単著

  • 『ビザンツ 幻影の世界帝国』講談社選書メチエ、1999
  • 『ビザンツの国家と社会』山川出版社「世界史リブレット」、2008
  • 『夢想のなかのビザンティウム―中世西欧の「他者」認識』昭和堂、2009
  • 『ビザンツ貴族と皇帝政権―コムネノス朝支配体制の成立過程』金沢大学人間社会研究叢書:世界思想社、2012

編著

  • 『図説 ビザンツ帝国--刻印された千年の記憶』河出書房新社「ふくろうの本/世界の歴史」、2011
  • 井上浩一と『ビザンツ 交流と共生の千年帝国』昭和堂、2013

訳著

脚注編集

外部リンク編集