根津由喜夫

日本の歴史学者

根津 由喜夫(ねづ ゆきお、1961年昭和36年)2月 - )は、日本歴史学者文学博士京都大学)。金沢大学人間社会研究域歴史言語文化学系教授(人文学類担当)。専門は中・後期ビザンツ帝国史。群馬県生まれ。

根津由喜夫
人物情報
生誕 1961年2月
日本の旗 日本群馬県
出身校 京都大学大学院文学研究科
学問
活動地域 日本
研究分野 ビザンツ帝国
研究機関 金沢大学
学位 博士・文学(京都大学)
称号 教授
学会 日本西洋史学会、日本ビザンツ学会
テンプレートを表示

経歴編集

群馬県立沼田高等学校を経て、金沢大学法文学部史学科を卒業。1990年3月、京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学。金沢大学に戻り、2009年に教授。2013年、文学博士(京都大学)[1]

日本西洋史学会、西洋史読書会、日本ビザンツ学会に所属している。

著書編集

単著

  • 『ビザンツ 幻影の世界帝国』講談社選書メチエ、1999
  • 『ビザンツの国家と社会』山川出版社「世界史リブレット」、2008
  • 『夢想のなかのビザンティウム―中世西欧の「他者」認識』昭和堂、2009
  • 『図説 ビザンツ帝国--刻印された千年の記憶』河出書房新社「ふくろうの本 世界の歴史」、2011
  • 『ビザンツ貴族と皇帝政権―コムネノス朝支配体制の成立過程』金沢大学人間社会研究叢書:世界思想社、2012
  • 『聖デメトリオスは我らとともにあり―中世バルカンにおける「聖性」をめぐる戦い』山川出版社、2020

編著

  • 井上浩一と『ビザンツ 交流と共生の千年帝国』昭和堂、2013

訳著

論文編集

  • 根津由喜夫「ビザンツ貴族と皇帝政権 : コムネノス朝支配体制の成立過程」京都大学 博士論文(文学)、乙第12718号、2013年、 NAID 500000572512
  • 根津由喜夫「ライデストス穀物専売政策をめぐって--11世紀ビザンツの国家と官僚」『史林』第70巻第1号、史学研究会 (京都大学文学部内)、1987年1月、 44-72頁、 doi:10.14989/shirin_70_44ISSN 03869369NAID 110000235273
  • 根津由喜夫「10世紀小アジア貴族の世界」『古代文化』第41巻第2号、古代学協会、1989年1月、 22-3759頁、 ISSN 0045-9232NAID 110000448459
  • 根津由喜夫「ロマノス3世アルギュロスの蹉跌--11世紀前半のビザンツ皇帝権と政治体制」『史林』第74巻第2号、史学研究会 (京都大学文学部内)、1991年3月、 260-293頁、 doi:10.14989/shirin_74_260ISSN 03869369NAID 120000807404
  • 根津由喜夫「アレクシオス1世の権力確立過程--軍幹部層の構造分析から」『西洋史学』第167号、日本西洋史学会、1992年、 144-163頁、 ISSN 03869253NAID 40002086742
  • 根津由喜夫「アレクシオス=コムネノスの従者団」『富山大学人文学部紀要』第19号、富山大学、1993年、 45-71頁、 ISSN 03865975NAID 110000293083
  • 根津由喜夫「イサキオス一世とコンスタンティノス十世の治世をめぐって--過渡期のビザンツ皇帝政権」『史林』第80巻第5号、史学研究会 (京都大学文学部内)、1997年9月、 639-675頁、 doi:10.14989/shirin_80_639ISSN 03869369NAID 120000807423
  • 根津由喜夫「聖山アトスのアマルフィ人修道院」『北陸史学』第48号、北陸史学会、1999年12月、 21-36頁、 ISSN 03868885NAID 120000809092
  • 根津由喜夫「東欧(中世)(ヨーロッパ)」『史学雑誌』第111巻第5号、史学会、2002年、 922-925頁、 doi:10.24471/shigaku.111.5_922ISSN 0018-2478NAID 110006282909

脚注編集

外部リンク編集