格子定数(こうしていすう、こうしじょうすう、lattice constant)とは、結晶軸の長さや軸間角度のこと。単位格子の各稜間の角度 α,β,γ と、各軸の長さ a,b,c を表す6個の定数である[1]。その性質上、格子の形状によっては一部の値のみで表すことが出来る。例えば、立方格子ではa = b = cかつα = β = γ=90°であるため、aの値のみで表すことができ、斜方格子ではα = β = γ=90°であるため、a,b,cのみを指定すればよい[1]

軸の長さの単位は普通オングストローム(Å)を用い、自明として単位を付けずに数値のみを書く場合が多い。

X線波長は約1 Åであるため、X線の回折によって格子定数を求めることが可能である[1]

脚注編集

  1. ^ a b c 格子定数(コウシテイスウ)とは”. コトバンク. 2020年5月10日閲覧。

関連項目編集