メインメニューを開く

桂ざこば (2代目)

2代目 桂 ざこば(にだいめ かつら ざこば、1947年9月21日[1] - )は、上方落語家タレント。本名、関口 弘(せきぐち ひろむ)[1]。血液型はO型。2人姉弟の長男(姉1人)。

2代目 桂 ざこばにだいめ かつら ざこば
2代目 桂 ざこば
結び柏は、桂米朝一門定紋である。
本名 関口 弘(せきぐち ひろむ)[1]
生年月日 (1947-09-21) 1947年9月21日(71歳)
出身地 大阪府大阪市西成区今池
師匠 3代目桂米朝
弟子 4代目桂塩鯛、他
名跡 1. 桂朝丸 (1963年 - 1988年)
2.2代目桂ざこば (1988年 - )
活動期間 1963年 -
活動内容 上方落語
配偶者 あり
家族 関口まい(次女)
所属 米朝事務所
公式サイト 桂ざこば[2]
受賞歴
1985年(昭和60年) 「上方お笑い大賞」金賞
1992年(平成4年)「上方お笑い大賞」大賞
備考
上方落語協会理事(? - 2018年)
上方落語協会相談役(2018年 - )

大阪府大阪市西成区出身。米朝事務所所属。上方落語協会会員(相談役)。前名は桂 朝丸(かつら ちょうまる)。出囃子は「御船」(ぎょせん)。愛称は「ざこびっち」。桂雀々とは夫人同士が姉妹であるため義兄弟の間柄。甥(ざこばの妻の弟の子)にJAY'ED

目次

来歴編集

小学校2年生の時、両親が離婚し父親に引き取られるも、まもなく死別したため、母・姉との3人暮らしとなる[3]。日本橋中学校在学中は、各種アルバイト(新聞配達、靴磨き、アイスクリーム売りなど)をして家計を助けたが、その結果次第に登校しなくなる[3]。学校をさぼって千日劇場に行った際、3代目桂米朝が「浮世床」を演じるのを見て即座に弟子入り志願する[3]。当初米朝は「学校をサボるような子は噺家にはなれん」と突き放したが、それから何日も米朝の元に通い詰めた[3]。あるとき、米朝宅に呼ばれて「落語ができるか」と問われ、うろ覚えで我流の「浮世床」を少し話すと、傍にいた桂小米(のちの2代目桂枝雀)が「師匠、彼を(弟子に)とりましょう!」と口添えしたという[4]。米朝は「これからの噺家は高校ぐらいは出てないかん」と難色を示すも欠席日数が多すぎて進学できる高校がなく、「世間の空気を吸ってこい」という米朝の言いつけで卒業後1か月だけ配線工事会社に勤めてから1963年(昭和38年)5月に入門が許される[4][1][5]。本人の述懐では、米朝の謝絶に遭った後に中学の教師に進学の相談をすると「お前が入れる高校はないぞ」と言われ、米朝にその旨報告し、「なら、しゃーないな」(それなら仕方ない)と入門を許されたという[6]

師匠の米朝は同時に育ての親にもなり、家族同然の内弟子生活を過ごした。同じ内弟子だった桂小米から受けた影響は大きかった[4]。入門3か月後に京都拘置所で「子ほめ」を演じたのが初舞台となる[7]。入門から4か月後の1963年9月から、千日前の自安寺を会場に、2代目桂春蝶が中心となり、小米・笑福亭光鶴(のちの5代目笑福亭枝鶴)・3代目笑福亭仁鶴らと「上方ばなし若手会」を始め、ネタの習得などに励んだ(会は1965年10月まで)[8]。このころ、4代目桂文紅の自宅に居候していた時期、また米朝が永六輔に依頼して東京で活動していた時期もある。

朝丸時代は千土地興行大宝芸能に所属した。千日劇場を会場として、1965年10月から放映された「お笑いとんち袋」(関西テレビ大喜利番組で、司会は米朝)ではレギュラーとなる[9]。同番組はもともと劇場の興行としておこなっていたもので、そのときの演者がそのままレギュラーとなった[9]

米朝一門の中では「やんちゃ」な一面があり、1966年10月には入門3年あまりの身ながら、前出の自安寺で「朝丸自身の会」という独演会を開き(米朝は挨拶文の中にこの独演会について「私の不徳といたすところ」「各方面にいろいろとご迷惑をおかけしていることと存じますが、なにとぞ寛容と忍耐をもって」と記している)、自らが作曲した「朝丸ソング」(作詞は4代目桂文紅)を枕で歌った[10]。1967年5月に米朝が初めて東京で独演会(「桂米朝 上方落語の会」)を開いた際、予算の制約から同行者に含まれなかったため、親交のあった柳家三亀松に「師匠がぼくを連れて行ってくれまへんねん!」と電話で訴えると三亀松から金を出すから来いと返事があり、当日は客席に座って兄弟子たちが準備しているところを眺め、米朝のマネージャーにそれをとがめられると「今日は自前で来てまんねん。客でっせ!」と返したという[11]

スポット的ではあるが、テレビ番組の収録で吉本興業の花月劇場チェーンや、松竹角座の舞台にも立った。

全国的には「ウィークエンダー」での「テレビ三面記事」のレポーターとしての出演がある。

日本テレビの『お笑いティーチイン』に出ていたとき(1970年頃)、番組内で「動物愛護週間」がテーマになった際に「動物はいじめた方が面白い」という議論が出たことから、桂文紅や3代目桂文我からも題材を得てトップホットシアターで「動物いじめ」の小咄をかけ、ヒットする[12]

東京で活動するようになったが低迷し、大阪に拠点を戻す。

1981年3月13日、サンケイホールで「桂朝丸独演会」を開催[13]。米朝一門でサンケイホールでの独演会は米朝・枝雀に次いで3人目で、香川登枝緒らも後押しする形ですんなり決まったが、師の米朝はこのプログラムでも「あれでちょっと気のアカンところがございます。どんな高座をお目にかけることやら…」と案ずる内容の文章を贈っている[13]。当日は立ち見も出る盛況で、その後1997年まで15回を数えた[13]

1988年(昭和63年)4月、2代目「桂ざこば」を襲名[1][14]。襲名は兄弟子である枝雀の提案によるものだった[14]。襲名に際して、初代の墓に参り法要をした。また、上方落語では初となる東京での襲名披露落語会も開催された[14]

1994年(平成6年)には、弟子とともに上方落語協会を脱退する。これは、会長選出方法などをめぐって当時の執行部(特に露の五郎)と対立した枝雀一門が脱退し、その問題を話し合う場で理事の1人が口にした枝雀一門への非難(会費滞納を取り上げた)に立腹したざこばが「枝雀兄ちゃんを悪くいうんか」と枝雀一門に追随する形となった。10年後の2004年(平成16年)6月21日に復帰する。

2006年平成18年)時点で、大阪のテレビ、ラジオを含めて9本のレギュラー番組を持っていた。2006年当時は、60歳を過ぎてからタレント活動を減らして落語会を開催したいと話していた[15]

2007年(平成19年)7月7日、噺家生活45周年・還暦記念公演「桂ざこばの会」を京都の南座で開催する。2008年12月には、西成区山王のマンション2階に寄席小屋「動楽亭」を開設した。

2012年に噺家生活50周年を迎える。

2017年5月27日、左中大脳動脈閉鎖症、塞栓性脳梗塞と診断され、入院加療となった[16][17][18]7月29日新神戸オリエンタル劇場で上演された落語会「ざこば南光二人会」に病院の外出許可を得て出演し、2か月ぶりに活動を再開した[19]8月1日、退院。4日には『そこまで言って委員会NP』の収録(6日放送分)にサプライズゲストとして登場した[20]2018年4月27日、『そこまで言って委員会NP』の収録に復帰(5月6日放送分)[21]

賞歴編集

得意とする噺など編集

噺のスタイルは「朴訥」。

子は鎹らくだお玉牛崇徳院、一文笛、肝潰し、厩火事、遊山船、強情、天災、坊主茶屋、不精の代参 などを得意とする。

枕には定評があり、桂枝雀は生前「ざこばのマクラなぞは、もうマクラだけで、えら(すごく)落語(そのもの)でっしゃないか」と評していた[13]。枕だけをまとめた「ざこばのざっこばらん」という演目もある[13]

人物編集

米朝一門の中では桂枝雀死後、実質的に弟子筆頭として、桂南光とともに米朝の存命中は補佐する形で一門の運営を主導しており、米朝没後もその地位は変わっていない(ざこばの兄弟子月亭可朝は他の一門のメンバーと別の事務所に所属していたこともあり、生前に米朝一門の運営に直接関わらなかった)。ざこばと南光は米朝一門の大半が所属する米朝事務所の専務取締役(ざこば)・常務取締役(南光)である。

好きな人物への思いやりが強く、2004年の自身の弟子である桂喜丸の告別式やお別れの会などでの泣き様は尋常ではなかった[22]。2016年1月に死去した3代目桂春團治の「お別れの会」でも泣き崩れる姿が報じられている[23]。一時確執のあったやしきたかじんについても同様であった(詳細は後述)。泣くことに関しては、サンケイホールでの独演会(第1回)の際、出鼻に「皆に泣く泣くといわれたから、私は泣きまへんで」と言いながら、直後に「こんなにたくさんの人が来てくれはって」と泣いた逸話もある[13]

裁判員制度には否定的なスタンスであり、「たかじんのそこまで言って委員会」などで制度を強く批判している。

趣味はギャンブル(カジノ)でよく海外に訪れる。またオーストラリアに訪れた際は現地で競走馬をセリで落とし「チョウマル」と名付けデビューも果たしている。

トイプードルを2匹飼っている。

桂吉朝がざこばに電話をした際、落語家の物真似が得意な吉朝は、いたずら心を出して桂春團治の声色を使った。ざこばはすっかり春團治からの電話だと信じ込み、吉朝の物真似だと知るや「洒落んならん」と激怒した。もっともざこばは、桂米二に同じ手を自らも試みた[24]

発言編集

出演番組における発言が、問題視されたりマスコミで報じられた以下のケースがある。

  • 2009年4月に無期限謹慎が発表されたタレント北野誠に関して、同月14日、自身がレギュラーを務めるABCのラジオ番組「元気イチバン!!芦沢誠です」にて、「北野誠、がんばれよ!」「何を言うたんや北野誠!」とエールを送るとともに「バーニング!」と特定の芸能プロによる圧力を連想させる奇妙な叫び声をあげ、共演の局アナ芦沢誠を凍りつかせたとされる[25][26]
  • 2009年8月30日、「乱!総選挙2009MBSローカル版において、公明党の苦戦を伝える文脈の中で「落ちるということは信心が足らんということなんですか?」と発言し、CM明けに局アナが謝罪した[27]

人間関係編集

師匠・米朝に関して編集

米朝の自宅にて内弟子をしていた頃、背中の皮膚病で悩まされ、塗り薬を塗っていたが、薬の悪臭がひどく米朝家のお手伝いさんに嫌がられ「あの子がお使いで買ってきた物は洗わんと病気が移りそう」等と言われていた。ある時に米朝はざこばを手招きし、薬をその背中に塗ってくれた。その薬は一向に効かず、改めて別の病院で受けた注射でようやく治ったが、ざこばは米朝の思い遣りに感激し恩に感じ、一生付いていこうと心に決めた[28]

米朝の長男である明(現:5代目桂米團治)がまだ赤ん坊の頃、子守を言いつけられていたざこばは、明を背中に背負ったままキャバレーに入り浸っていたといわれるが、これは兄弟子である月亭可朝のこと。赤ん坊がいた方が店の女の子からモテるというのが理由。また、明が幼稚園の頃、明を自転車に乗せていて転び、額に怪我を負わせた[28]

襲名に関して米朝は、「米朝」の名をやっても良いが本人が欲しがらないだろうと言っており、ざこば自身も小米朝(現:米團治)が継ぐべきだとしていた。小米朝が落語家になることを米朝はあまり勧めていなかったが、ざこばと枝雀が米朝を口説き落として小米朝の弟子入りが実現した経緯もあり、その当時から米朝の名は小米朝が継ぐものと決めていたようである。結局、小米朝は米朝の名を継がず、5代目桂米團治を襲名した。

その他編集

やしきたかじんとは、1988年6月の「ナイトinナイト(ABC)」収録中、待ち時間の長さに腹を立てたざこばが、司会のたかじんと口論の末、本番中に帰ったことに始まり、約5年に渡り犬猿の仲であった。1993年2月、たかじん司会の「たかじんnoばぁ~(読売テレビ)」でざこばがゲストとして出演。たかじんと酒を酌み交わしながら、激しく本音をぶつけ合った。その結果、2人は仲直りすることに成功。以来たかじん司会の番組で共演するようになる。だが、2014年1月にたかじんは逝去する。同年2月に放送された「たかじん追悼スペシャルそこまで逝って委員会」(読売テレビ)に、ざこばが出演し、前述の和解のVTRが流された後、号泣していた[29]

家族編集

タレントの関口まいは実娘で次女(長女は一般人なので名前は公表していないが、米朝一門の歌舞伎座公演で、妻子の名前を枕として喋ったことがある)。2010年3月25日、初孫(まいの第一子)誕生。同年9月には長女にも第一子が生まれ、現在2人の孫が居る。まいのブログでは相変わらずの子煩悩ならぬ孫煩悩ぶりな様子が娘のブログで報告されている。ざこばのカラオケの十八番が「娘よ」で、唄っていると泪でボロボロになる。ざこばは孫に「朝丸」を継がせると発言しており、落語会に孫をお目見えさせたこともある[30]

出演番組編集

現在放送中の番組編集

放送が終了した番組編集

過去に出演した番組編集

テレビドラマ編集

映画編集

舞台編集

弟子編集

直弟子編集

あなば、はかばなど、初高座も上がらず名前もつかずに廃業した弟子は数知れず居る。

孫弟子編集

(桂塩鯛の弟子)

レコード・CD編集

著書編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 桂ざこば|米朝事務所”. 2013年1月15日閲覧。
  2. ^ 桂米朝事務所 公式サイト
  3. ^ a b c d 戸田、2014年、p.252 - 253
  4. ^ a b c 戸田、2014年、p.254
  5. ^ 桂 ざこば”. 株式会社タレントデータバンク. コトバンク. 2015年8月17日閲覧。
  6. ^ 雑誌『醸界春秋』1999年1月15日号に掲載
  7. ^ 桂ざこば 初舞台は拘置所で爆笑の連続”. デイリースポーツ (2015年8月16日). 2015年8月17日閲覧。
  8. ^ 戸田、20014年、pp.255 -257
  9. ^ a b 戸田、2014年、pp.264 - 265
  10. ^ 戸田、2014年、p.289
  11. ^ 戸田、2014年、p.296 - 297
  12. ^ 戸田、2014年、p.350
  13. ^ a b c d e f 戸田、2014年、pp.439 - 440
  14. ^ a b c 戸田、2014年、pp.489 - 491
  15. ^ 産経新聞2006年7月27日の記事「桂ざこば、60歳でマスコミ引退し落語家に専念」より
  16. ^ 桂ざこば休演のお知らせ”. お知らせ. 米朝事務所 (2017年5月28日). 2017年5月28日閲覧。
  17. ^ お知らせ 大阪松竹座公演『銀二貫』桂ざこば 休演のお詫びとお知らせ”. 松竹株式会社 (2017年5月28日). 2017年5月28日閲覧。
  18. ^ 桂ざこば、脳梗塞入院にエールの声続々 「そこまで言って委員会」映像で心配の声”. J-CASTニュース (2017年5月28日). 2017年5月28日閲覧。
  19. ^ “桂ざこば 舞台復帰で涙「泣かへんぞ、って言うたのに」”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2017年7月29日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/07/29/0010415943.shtml 2017年7月29日閲覧。 
  20. ^ “桂ざこば「そこまで言って委員会」にサプライズ登場 1日に退院したばかり”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年8月4日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/08/04/kiji/20170804s00041000178000c.html 2017年8月4日閲覧。 
  21. ^ “桂ざこば「そこまで言って委員会NP」に復帰「ホッとしました」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年4月28日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180428-OHT1T50055.html 2018年4月28日閲覧。 
  22. ^ 2004年4月18日デイリースポーツ 芸能面 などより。
  23. ^ “「お師匠はん、大好きでした…」 春団治さんお別れの会、ざこばさん泣き崩れ”. 産経新聞. (2016年1月26日). http://www.sankei.com/west/news/160126/wst1601260044-n1.html 2016年1月30日閲覧。 
  24. ^ 『わかってぇなぁ! 桂ざこばのざっこばらん2』(KKベストセラーズ)第1章「犬も食わない!尽きない話」
  25. ^ 局アナも凍りついた…桂ざこば“北野誠”に禁句エール” (2009年4月15日). 2009年4月15日閲覧。
  26. ^ 「バーニング!」桂ざこば ラジオで北野誠にエールも憶測呼ぶ不規則発言” (2009年4月15日). 2009年4月15日閲覧。
  27. ^ 信心が足りなかった - YouTube” (2009年9月2日). 2015年1月17日閲覧。
  28. ^ a b 『桂ざこばのざっこばらん』(KKベストセラーズ)第4章「フーテン落語家」
  29. ^ 桂ざこば、たかじんさん映像に号泣「もう映さんといてや~」”. サンケイスポーツ (2014年1月26日). 2014年12月30日閲覧。
  30. ^ 『わかってぇなぁ! 桂ざこばのざっこばらん2』(KKベストセラーズ)第5章「どうかよろしゅうに頼んます!」
  31. ^ 堂々上々 道上洋三が行く 第16回 ゲスト 芸能生活50年 桂ざこばさん”. おはようパーソナリティ道上洋三です (2013年1月11日). 2014年3月21日閲覧。

参考文献編集

関連項目・人物編集

外部リンク編集