メインメニューを開く

桂 三段(かつら さんだん、1976年8月27日 - )は、日本落語家上方落語協会会員。

桂 三段
本名 小川 洋二
生年月日 (1976-08-27) 1976年8月27日(42歳)
出身地 日本の旗 日本北海道帯広市
師匠 六代桂文枝
活動期間 2005年 -
活動内容 上方落語
所属 よしもとクリエイティブ・エージェンシー札幌事務所
公式サイト 桂三段の『毎日がエブリディ!』
備考
上方落語協会会員

本名は小川洋二北海道帯広市出身。札幌市清田区在住。上方落語協会では唯一の北海道出身者でもある。

趣味は映画鑑賞、スポーツ、カレーの食べ歩き、一人暮らしの超簡単レシピなど。歯科技工士の資格を持つ。

目次

略歴・芸風編集

北海道芽室高等学校[1]、札幌歯科学院専門学校卒業。歯科技工士、工場勤務、パチンコ店員などを経て、2005年6月13日、桂三枝(後の六代目桂文枝)に入門。落語家となる。

よしもとクリエイティブ・エージェンシーの「あなたの街に住みますプロジェクト」により島根県に派遣され、2011年5月から「住みます芸人」として松江市に在住。2015年4月まで島根県内を中心に活動。

2012年古事記編纂1300年に当たることから、ヤマタノオロチ退治を題材とした、「古事記落語」と呼ぶ創作落語を松江市内で披露した[2]

2015年4月からは活動拠点を故郷の北海道に移すこととなり、それに先立って島根県のふるさと親善大使「遣島使」に就任した[3]。北海道帰郷後も島根県の住みます芸人は継続しPR活動などを続けていたが[4]、その後4代目北海道住みます芸人へと移行した。なお、島根県住みます芸人には桂三段とABCDE湯かげんが就任していたが、2015年4月から新たに奥村隼也が加わった。

関連項目編集

出典編集

参考文献編集