桂二葉

日本の落語家 (1986-)

桂 二葉(かつら によう、1986年8月2日 - )は、日本の上方噺家。女性。ステッカー所属。本名∶西井 史。身長166cm。出囃子は『いっさいいっさいろん』。大阪府大阪市東住吉区出身。

かつら 二葉によう
桂(かつら) 二葉(によう)
結三柏は、桂米朝一門の定紋である。
本名 西井にしい ふみ
生年月日 (1986-08-02) 1986年8月2日(37歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府大阪市東住吉区
師匠 桂米二
出囃子 いっさいいっさいろん
活動期間 2011年 -
活動内容 上方落語
所属 米朝事務所
ステッカー
公式サイト 桂二葉オフィシャルサイト
主な作品
『天狗さし』
受賞歴
2021年 NHK新人落語大賞 大賞
2022年 繁昌亭大賞
2022年 咲くやこの花賞大衆芸能部門
2023年 Forbes JAPAN WOMAN AWARD2023 個人部門 パイオニア賞
備考
上方落語協会会員

来歴

編集

駒川中野出身で、京都橘大学文学部文化財学科[1](仏像専攻)を卒業した。両親は別姓で、3歳下の弟は臨床心理士の西井開[2]

スーパーマーケット青果部正社員を経て、2011年(平成23年)3月9日に桂米二に入門した。

2020年に奨学金を完済した。

2021年に「令和3年度NHK新人落語大賞」で『天狗さし』を演じ、女性として初めて受賞した[3][4]

2022年4月16日に池袋演芸場落語芸術協会四月中席夜の部(主任:柳亭小痴楽)の日替わり出演枠に顔付けされ、江戸落語の定席興行に初めて出演して『天狗さし』を演じた[5][6]

2022年8月31日で米朝事務所を退社し[7]、9月よりステッカーに所属[8]

2023年5月からバラエティ番組探偵!ナイトスクープ』(朝日放送テレビ)に新探偵として加入[9]。落語家として加入するのは桂小枝が降板してから10年ぶりかつ、女性の落語家が探偵になるのは初めてのこととなる[9]

人物

編集
  • ケンドーコバヤシと同郷で、小中の後輩にあたる。中学1年だけバレーボール部で活動した。
  • マッシュルームカット(2015年頃まではアフロヘアーだった)と自称「上方落語界の白木みのる」の由来となっている甲高い声がトレードマーク。
  • 落語家になる前には笑福亭鶴瓶の追っかけをしていた。その縁から、落語家になった後にも二葉の独演会のゲストに鶴瓶が出演したり、鶴瓶の独演会のゲストに二葉が出演するなど交流がある。好きすぎて大学時代に鶴瓶に告白しに行った事がある。好きだったが、鶴瓶の弟子にはならなかった。
  • 男物の着物を着る女性噺家も多いが、女物の着物を着用している[10]
  • 従来男性の噺家が伝えてきた古典落語についても、女性である自らの言葉で「自然に喋る」ことを心がけている[11]

受賞歴

編集

著書

編集

『桂二葉本』2023年7月5日、京阪神エルマガジン社 ISBN 4874357059

出演

編集

ラジオ

編集

テレビ

編集

脚注

編集
  1. ^ https://digitalpr.jp/r/19690
  2. ^ 山下智子 (2021年11月23日). “「女に落語は無理」と言われても 初タイトルの桂二葉さんが貫く流儀”. 毎日新聞 (大阪). https://mainichi.jp/articles/20211122/k00/00m/200/224000c. "弟の西井開は男性学に関する本を出版している。" 
  3. ^ a b “『NHK新人落語大賞』桂二葉、女性初の栄冠 歴史を塗り替え「ものすごくうれしい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年11月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2212040/full/ 2021年11月23日閲覧。 
  4. ^ a b 桂二葉 涙の女性初V 昨年大会の柳家権太楼からの公開説教バネに NHK新人落語大賞”. デイリースポーツ online (2021年11月23日). 2021年11月23日閲覧。
  5. ^ 桂二葉 [@niyo_katsura] (2022年3月6日). "小痴楽兄さんにお声かけていただき、4/16(土)池袋演芸場に出させていただきます!うれしい!ほんでとても楽しみです。がんばります!". X(旧Twitter)より2023年3月24日閲覧
  6. ^ 橘蓮二 [@renji_koza] (2022年4月18日). "4月16日 池袋演芸場 中席後半 夜の部 桂二葉さん『天狗さし』". X(旧Twitter)より2023年3月24日閲覧
  7. ^ 桂二葉の所属に関するお知らせ”. 株式会社米朝事務所 (2022年7月15日). 2022年7月18日閲覧。
  8. ^ 桂二葉(かつら によう) 所属のご報告”. 株式会社ステッカー (2022年9月6日). 2022年9月6日閲覧。
  9. ^ a b c “「探偵!ナイトスクープ」新探偵にカベポスター永見大吾、落語家の桂二葉 女性落語家は初めて”. 日刊スポーツ (日刊スポーツNEWS). (2023年3月24日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202303240000863.html 2023年3月24日閲覧。 
  10. ^ 『桂二葉本』京阪神エルマガジン社、2023年7月5日、9頁。 
  11. ^ 女性が古典どう演じるか…落語家・桂二葉さん”. 読売新聞オンライン (2023年8月21日). 2023年10月29日閲覧。
  12. ^ 谷口豪「上方落語「繁昌亭大賞」に桂二葉さん 「女性には難しい」打破」『毎日新聞』2022年12月16日。2022年12月18日閲覧。
  13. ^ "令和4年度「咲くやこの花賞」の受賞者を決定しました ~ 贈呈式に700名を無料招待します ~" (Press release). 大阪市. 27 December 2022. 2023年3月24日閲覧
  14. ^ "【夜の部のご紹介】2月19日(日)開催のABCラジオ上方落語をきく会" (Press release). 朝日放送ラジオ株式会社. 16 February 2023. 2023年3月24日閲覧

関連項目

編集

外部リンク

編集