メインメニューを開く

桂 依央利(かつら いおり、1991年7月9日 - )は、大阪府大阪市出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。

桂 依央利
中日ドラゴンズ #68
2015D40.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市
生年月日 (1991-07-09) 1991年7月9日(27歳)
身長
体重
185 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2013年 ドラフト3位
初出場 2015年4月21日
年俸 1,130万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

プロ入り前編集

小学校2年から南百済ファイターズでソフトボールを始め、中野中学校時代は東住吉ボーイズに所属。太成学院大学高等学校では1年秋から背番号5でベンチ入り。3年夏は3番捕手でレギュラーを務め、4回戦で履正社高校に敗れた。高校3年間で甲子園出場はなし。高校の2年後輩に今村信貴がいる[2]

大阪商業大学では1年秋からベンチ入りし、2年春に正捕手とねる。打率.310(2位)で平古場賞(新人賞)。プロでも同じチームとなる橋爪大佑とともにプレーし、4年春には4番を打ち、リーグ2位の14安打で打率は.341で首位打者、守備ではチーム防御率1.61、秋にはリーグ最多の19安打、打率.349で首位打者、ベストナインとなる。明治神宮野球大会では準決勝で敗退。関西六大学リーグでは72試合出場で通算65安打、打率.290、1本塁打、20打点。

2013年度プロ野球ドラフト中日から3位指名を受け入団。背番号は40

プロ入り後編集

2014年イップスにより2塁への送球どころか投手への返球もままならず、6月には2塁への送球をマウンド上の伊藤準規投手に当て負傷退場させる、一軍出場なし[3]

2015年4月21日、対東京ヤクルトスワローズ戦5回裏の打席で成瀬善久からプロ入り初安打となるソロホームラン[4]。7月9日の対阪神戦11回裏より守備につき、自身の捕逸などが絡みサヨナラ負けする。その後は杉山翔大との併用が続き、チームの捕手では杉山に次ぐ46試合に出場する。

2016年、自身初の開幕一軍スタメン。

2017年2018年は一軍出場なしに終った。

選手としての特徴編集

遠投は115m、捕球から二塁到達までのタイムは1.85秒と強肩である[4]。リードについては小川将俊バッテリーコーチは「セオリーを重んじる」タイプと評する一方、「状況に応じてもっと臨機応変な柔軟性を持ってほしい」と述べている[5]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2015 中日 47 113 105 8 24 1 1 2 33 7 1 0 5 0 3 0 0 33 2 .229 .250 .314 .564
2016 59 164 143 7 26 5 0 3 40 11 0 0 7 1 11 0 2 38 3 .182 .248 .280 .528
NPB:2年 106 277 248 15 50 6 1 5 72 18 1 0 12 1 14 0 2 71 5 .202 .249 .294 .543
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



捕手






















2015 中日 46 249 19 4 4 .985 6 28 20 8 .286
通算 46 249 19 4 4 .985 6 28 20 8 .286
  • 2018年度シーズン終了時

記録編集

背番号編集

  • 40 (2014年 - 2017年)
  • 68 (2018年 - )

登場曲編集

  • 「Get It Girl feat. T-Pain」Mann(2015年 - 2016年)
  • 「DADDY[Feat. CL of 2NE1]」PSY(2016年-)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 中日 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2017年11月17日閲覧。
  2. ^ 大商大・桂が2安打2打点/関西6大学 日刊スポーツ(2013年10月16日)
  3. ^ イップスを乗り越えて――谷繁監督も絶賛した桂の〝復肩ベースボールチャンネル(BaseBall Channel) 2014年11月27日配信
  4. ^ a b 2年目若竜・桂 初出場初安打が初本塁打!「ポスト谷繁」名乗り”. スポーツニッポン (2015年4月22日). 2015年9月24日閲覧。
  5. ^ 【中日好き】杉山翔大と桂依央利、発展途上の2人:コラム-J SPORTS 2016年6月16日配信

関連項目編集

外部リンク編集