メインメニューを開く

桂 南喬(かつら なんきょう、本名:末吉 豊比古(すえよし とよひこ)[1]1947年8月7日 - )は、東京都中野区出身の落語家落語協会所属。出囃子は『吉原雀』[1]。紋は「丸に剣かたばみ」[1]

桂 南喬かつら なんきょう
本名 末吉 豊比古
生年月日 (1947-08-07) 1947年8月7日(72歳)
出身地 日本の旗 日本東京都中野区
師匠 3代目三遊亭金馬
2代目桂小南
5代目柳家小さん
名跡 1. 三遊亭ゆたか(1963年 - 1965年)
2. 桂ゆたか(1965年 - 1967年)
3. 桂南笑(1967年 - 1977年)
4. 桂南喬(1977年 - )
出囃子 吉原雀
活動期間 1963年 -
所属 東宝名人会(1963年 - 1965年)
日本芸術協会→落語芸術協会(1965年 - 1984年)
落語協会(1984年 - )
受賞歴
NHK新人落語コンクール優秀賞(1972年)
文化庁芸術祭大賞(1999年)

年に2回行われる独演会「桂南喬ひとりっきり会」を行っている。NHK教育テレビの「てれび絵本 えほん寄席」にも出演。

趣味は自転車サイクリング)、将棋[1][注釈 1]ロードレースを趣味とする6代目柳家つば女がリーダーを務めた「落洒会」の会員であった[注釈 2]

経歴編集

得意ネタ編集

主な受賞編集

逸話編集

  • 趣味の自転車では、アラスカ州アンカレジで落車してケガをし、現地で数日入院した経験がある[3]
  • 師匠の三遊亭金馬(3代目)に、趣味の釣りの伴を言いつけられたものの、ミミズが苦手と言って断ったことがある[3][注釈 4]

音声・映像メディア編集

レコードとCD(コンパクトディスク)がCBSソニーから、CDがキングレコードから発売されている[2]

映像では、NHK教育テレビで放映された番組「てれび絵本」の人気コーナー「えほん寄席」がDVD化されており、

に出演している。

DVD付書籍では、

  • 『落語のいき 第2巻 食と旅噺編』小学館〈小学館DVD BOOK〉、2009年3月。ISBN 978-4-09-480382-2

に出演している。

著作編集

に収載された「落語での『飲み食い』の演じ方」を執筆している[2]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 南喬の趣味としては、他にアラスカ旅行がある。女性と酒を呑むのも好きである。『落語のいき 2』(2009)p.14
  2. ^ 「落酒会」は柳家つば女が自転車に造詣の深い落語家たちとつくったクラブである。
  3. ^ 南喬は三笑亭夢楽(初代)より「富士詣り」を教わった。南喬ができばえを見てもらいに夢楽の家までいくと、夢楽は布団のなかから「やってごらん」と言うので枕元でサゲまで演じたが、夢楽は高いびきであった。南喬はてっきり夢楽が聴いていないだろうと思ったが、ちゃんと指導してくれたという。『落語のいき 2』(2009)p.14
  4. ^ 南喬に釣り同行を断られた金馬はおとなしく引き下がったものの、翌日、南喬の部屋はミミズだらけになった。金馬の悪戯であることは明白だが、金馬はとぼけて、そのことを一切話題に出さなかったという。『落語のいき 2』(2009)付属DVD

出典編集

参考文献編集