メインメニューを開く

桂宮盛仁親王(かつらのみや たけひとしんのう、文化7年6月27日1810年7月28日) - 文化8年5月17日1811年7月7日))は江戸時代後期の日本皇族桂宮第10代。光格天皇の第4皇子。母は東坊城益良女菅原和子。幼称は磐宮(いわのみや)。

桂宮盛仁親王
(かつらのみや たけひとしんのう)
桂宮
続柄 光格天皇の第 4皇子
身位 無品
親王
出生 文化7年6月27日1810年7月28日
山城国
死去 文化8年5月17日1811年7月7日
山城国
埋葬 不明
不明
配偶者 なし
子女 養子桂宮節仁親王(第11代桂宮
父親 実父:光格天皇(第119代天皇
養父:京極宮公仁親王(第 9代京極宮(桂宮)
母親 菅原和子(東坊城益良の娘)
テンプレートを表示

文化7年(1810年)9月父帝光格天皇の命で京極宮を継承し、桂宮の宮号を賜る。翌文化8年(1811年)5月16日親王宣下を受け、盛仁と命名されるが、翌日の17日薨去。1歳。法名は、正覚院。