メインメニューを開く

桂宮節仁親王(かつらのみや みさひとしんのう、天保4年11月1日1833年12月11日) - 天保7年3月5日1836年4月20日))は江戸時代後期の日本皇族

桂宮節仁親王
(かつらのみや みさひとしんのう)
桂宮
続柄 仁孝天皇の第 6皇子
身位 無品
親王
出生 天保4年11月1日1833年12月11日
山城国
死去 天保7年3月5日1836年4月20日
山城国
埋葬 不明
不明
配偶者 なし
子女 養子桂宮淑子内親王(第12代桂宮
父親 実父:仁孝天皇(第120代天皇
養父:桂宮盛仁親王(第10代桂宮
母親 正親町雅子(新待賢門院)(正親町実光の娘)
テンプレートを表示

人物編集

桂宮第11代。仁孝天皇の第6皇子。母は新待賢門院正親町雅子。幼称は幹宮(もとのみや)。

天保6年(1835年)父帝仁孝天皇の命で桂宮を継承する。天保7年(1836年)3月4日親王宣下を受け、節仁と命名されるが、翌日(実は同日)薨去。4歳。法名は、如意宝院。