桂文春

桂 文春(かつら ぶんしゅん、本名:時枝 伸幸1965年7月18日 - 2006年9月21日)は、和歌山県和歌山市出身の落語家吉本興業所属。

桂 文春かつら ぶんしゅん
本名 時枝 伸幸
生年月日 1965年7月18日
没年月日 (2006-09-21) 2006年9月21日(41歳没)
出身地 日本の旗 日本和歌山県和歌山市
師匠 桂文珍
名跡 1. 桂文時(1987年 - 2000年)
2. 桂文春(2000年 - 2006年)
活動期間 1987年 - 2006年
活動内容 上方落語
所属 吉本興業
備考
上方落語協会会員(1987年 - 2006年)

人物・芸歴編集

高校中退後、佐川急便の運転手をやっていたが短期間でお金になるとの思いで1987年1月入門。桂文珍の弟子となり、桂 文時(かつら ぶんどき)と名乗ったが、2000年に文春に改名した。

2006年9月21日午後3時55分、気管支喘息重積発作のため41歳の若さで死去。こけら落とししたばかりの天満天神繁昌亭での高座を3日後に控えての急逝であった。その2年ほど前に妻を失っており、男手1つで子供を育てるために昼は落語家、深夜はアルバイトとして働いていた。これらのことで心労が重なっていたのではないかと言われている。