メインメニューを開く
結三柏は、桂文治一門の定紋である。

桂 文治(かつら ぶんじ)は、落語名跡。当代は11代目。元々は上方落語の名跡であるが、3代目以降は東西に分裂し、5代目以降は江戸・東京の落語の名跡に移る。但し、7代目のみ上方に戻っている(10代目以降は上方の7代目の孫弟子・曾孫弟子に引き継がれているが、いずれも江戸の落語家である)。現在は江戸(東京)桂一門の止め名であり、また東西落語界を含めた桂一門の宗家でもある。

なお、「桂」の亭号の由来に関しては、初代文治が大阪市北区にある佳木山(「桂木山」とあるのは誤り)太融寺の檀家であったことから、寺の山号から連想して名付けたのだという。(大阪市西成区天下茶屋にある石碑「桂塚」の碑文の説。『落語系圖』p63に翻刻あり。)

一方、『落語系圖』p65所載の説によれば、初代文治の先祖が「桂中納言左近」という人であったため「桂」を名乗ったとあるが、詳しいことは不明。

江戸文字鎖編集

この名跡は、江戸時代(天保安政)期に広く知られた文字鎖(「江戸文字鎖」またの名を「江戸言葉唄」)で詠われている。文字鎖とは修辞法の一つで尻取りの一種である。この尻取りが余りに有名な為恐らくこの頃の子供で桂文治を知らないものはなかった。

牡丹に唐獅子竹に虎 →「虎」
虎を踏まえて和藤内 →「藤内/内藤」
内藤様は下がり藤 →「ふじ」
富士見西行うしろ向き →「むき」
むき身はまぐりばかはしら →「はしら」
柱は二階と縁の下 →「下」
下谷上野の山かづら →「かつら」
桂文治は噺家で →「で」
でんでん太鼓に笙の笛 →「え」 

(以下略)


この桂文治は江戸3代目のことである。この文字鎖は国立演芸場に掲示してあるほか、小島貞二の遺作『こんな落語家がいた』に掲載されている。

初代編集

初代 桂文治安永2年(1773年)(逆算)- 文化12年11月29日1815年12月29日)))は、本名: 伊丹屋 惣兵衛(宗兵衛とも)。享年43(通説による)。

2代目編集

2代目 桂文治(? - 1827年頃?)は、本名: 伊丹屋 文吉。初代文治の実子。生年、享年不明。

江戸3代目編集

江戸3代目 桂文治(? - 安政4年6月26日1857年8月15日))は、本名: 辰巳 勇吉。享年不詳。

金杉の魚屋・辰巳勇助を父とし、初代翁屋さん馬(後の2代目三笑亭可楽)門下でさん遊、勇馬、房馬を名乗る。その後、上方へ赴き、大阪に移り住んでいた江戸の噺家の壽遊亭扇松の門下で扇勇となる。初代文治の長女・幸(「こう」あるいは「ゆき」)は扇松の妻だったが、夫の死後、その弟子である扇勇に再嫁し、その縁によって1827年頃、扇勇は3代目文治を襲名し、江戸に戻る。(この3代目襲名の経緯に関しては他にも諸説あり、確定はできない。)

一方の上方では、2代目文治の孫弟子に当たる桂九鳥が、後追いの形で3代目文治を名乗り、ここに文治の名跡は東西に分裂することとなる。

晩年の天保末頃、養子の初代桂才賀に文治の名跡を譲り、文治の「文」に可楽の「楽」を合わせて、初代桂文楽(一説には笑寿亭文楽)、更に1851年9月には初代桂楽翁と改名。翌年9月3日には落語家として初めて受領し、桂大和大掾藤原忠誠と名乗る。

三田に住み、西久保の光圓寺に葬られる。妻・幸は1878年2月5日6代目文治に見取られつつ死去。享年73。

江戸4代目編集

江戸4代目 桂文治文政2年(1819年)(逆算) - 慶応3年6月26日1867年7月27日))は、本名: 渡邊 平三郎。享年49。

父は徳川将軍家伊賀組鉄砲組の渡邊平五郎で、その三男に生まれる。音曲師の都川歌丸は実の兄。1837年7月、浮かれ節胡弓・虫の音の名人といわれた司馬齋次郎の門下に入り、司馬才賀の名で噺家となる。1841年、江戸3代目文治の養子となり、4代目を襲名。1861年初席にて江戸3代目文治門下の2代目桂文楽に5代目を譲り、自らは2世桂大和大掾に改名。

晩年には桂桂寿を名乗ったとされる。

芝居噺や人情噺を得意とした。門下には2代目桂才賀、3代目喜久亭寿楽4代目翁家さん馬、音曲師の桂文蝶、つるのや亀寿がいる。長男が6代目文治で、次男(三男とも)が『文之助系図』(『古今落語家系統表』『古今落語図一覧表』)を書き残した4代目桂文之助。実兄は初代都々逸坊扇歌の門下の都川歌丸と言い、2代目扇歌を妻とした。萬治(後の3代目三遊亭圓生「のしん」)、文鏡(後の4代目桂文楽「デコデコ」)、5代目翁家さん馬がいる。

上方3代目編集

上方3代目 桂文治生没年不詳)は、本名、享年とも不詳。

2代目文治の孫弟子に当たる(2代目文治門下の文鳩の門人で、九鳥を名乗る)。江戸3代目文治が襲名した1827年頃以降、江戸3代目を後追いする形で1839年には上方3代目を継いだと見られる。襲名には直弟子でなかった事などから異論や反対も多かった。

京都生まれで、滑稽噺に秀でていたと言われ、初代笑福亭吾竹(あるいは2代目か?)の鳴物入りの芸風に対抗して、素噺で勝負を挑み、両人の似顔人形を寄席の表に出すほどの人気を得たという。

「落語系図」には1846年に追善興行が座摩稲荷座で行なわれており、1843年9月の番付には文治の名があることから一周忌か三周忌の追善で没年の襲名まもなく死去したようである。

上方4代目編集

上方4代目 桂文治(生没年不詳)は、本名: 長太?、享年とも不詳。俗に「長太文治」。

上方3代目文治の弟子で、幕末に活躍。1853年の見立番付には、既に桂慶枝の名で東方前頭2枚目に位置しており、後に上方4代目文治を襲名。襲名時期は1855年春頃と推測される。改名順は、桂文枝から桂慶枝になり、文治を継いだと推測される。

元は炭団屋。芸道には熱心だが金銭には無頓着で、能勢の妙見宮に参詣した際、ある豪商に招かれて一席演じたが、謝礼を固辞しようとしたと伝える。実力はあったが、早世したらしい。『新作さわり よしこの咄し』という冊子を残しており、流行唄にも名を成した。

門下には初代桂文枝がいるが、これは師の前名を継いだものとされる。結局、文枝は上方5代目文治を継がず、本名も桂文枝に改名。以降、上方桂一門の止め名は事実上、文枝となる。他にも大成したのでは桂慶治「京の慶治」がいた。

5代目編集

5代目 桂文治天保2年(1831年)(逆算) - 万延2年1月16日1861年2月25日))は、本名: 尾張屋 峯松。享年31。

2代目蝶花楼馬楽は実弟に当たる。

6代目編集

6代目 桂文治天保14年(1843年) - 明治44年(1911年2月16日)は、本名: 桂 文治。享年69。

江戸4代目文治の長男。

7代目編集

7代目 桂文治嘉永元年4月15日1848年5月17日) - 昭和3年(1928年9月18日)は、本名: 平野 次郎兵衛。享年81。

初代桂文團治の弟子で、初代米團治、2代目文團治などを経て、7代目文治襲名。一代限りではあるが、由緒ある大名跡を上方の地へと取り戻した。数多くの弟子を有した落語家で、上方だけでなく江戸落語にも多くの人材を輩出した。現在でも東西の「桂」を名乗る落語家の過半が7代目の直系一門となっている。当代の文治も7代目の曾孫弟子の一人。

なお、7代目の系統のうち上方側の一門は、その前名「文團治」が止め名である(上方本流である文枝系統とは7代目の大師匠で系図が分かれている)。ただし4代目の死後はこの名跡は空き名跡となり、その弟子、4代目桂文紅の死で嫡流は断絶した。現在7代目の上方での弟子系統は、大きく分けて米朝一門春団治一門露の五郎兵衛一門の二系統三派に分かれるが、前者は「米團治」、後者は「春団治」を止め名としている。

東京側にも一門がいるが、それは7代目文治門人である2代目小文治が東京に移籍して一門を形成したため。2代目小文治は上方噺家でありながら東京落語界を二分する一方の勢力である日本芸術協会の副会長になり、その後身の落語芸術協会には現在も多くの小文治一門がいる(『笑点』司会者で有名な芸協前会長の桂歌丸など)。

8代目編集

8代目 桂文治1883年1月21日 - 1955年5月20日)は、本名: 山路 梅吉。享年72。落語協会元会長。

実母が6代目文治の後妻となったため、その養子となり、8代目を継ぐ。

8代目の系統のうち、現在も桂を名乗るのは9代目系統の他は8代目桂文楽の弟子、9代目桂文楽の系統および元孫弟子4代目桂文字助立川談志一門)のみ。

9代目編集

9代目 桂文治1892年9月7日 - 1978年3月8日)は、本名: 高安 留吉。享年85。落語協会所属。

初めは4代目橘家圓蔵門下。後に8代目文治門下を経て3代目柳家小さん門下に移る。

9代目の弟子のうち、桂を名乗るのは7代目桂才賀古今亭志ん朝一門)の系統のみであり、9代目文楽・4代目文字助と共に、本来の江戸桂派のうち今も桂を名乗る数少ない直系弟子である。

10代目編集

10代目 桂文治1924年1月14日 - 2004年1月31日)は、本名: 関口 達雄。享年80。落語芸術協会元会長。

2代目小文治の門下。9代目文治の親友である林家彦六の推挙により襲名。当代より系図上は7代目の系統に戻った。

11代目編集

11代目 桂文治1967年8月25日 - )は、本名: 岡方 靖治。落語芸術協会所属。

10代目文治門下で、前名は2代目桂平治。2011年6月7日に11代目襲名を発表。

兄弟子が「小文治」、弟弟子が「文治」と、名跡の格式という点では上下が逆転するという現象になっている。

2012年9月下席(21~30日)の新宿・末広亭を皮切りに襲名披露興行を開催。

別系統の文治編集

吉井勇などの著書に紹介されている人物。

師弟関係など不明。江戸の人物で神田の川竹亭に出ていたころ6代目桂文治と親しくし、のちに尾道を中心に旅回り専門の芸人となり桂三之助、桂文一、桂とぼけなどを連れて怪談噺、音曲、坐り踊りの芸で一座で廻ったという。のちに地元の豪商・田坂卯三郎の支援で尾道で易学や占いで生計を立て余生を過ごし、時より寄席には出ず宴の席などで芸を披露していた。1905年7月3日に93歳で亡くなり田坂卯三郎が信行寺に葬った。戒名は「弁誉秀音居士」。また千光寺には碑も建てられた。顔に特徴があり背が高かったという。

通称「旅(の)文治」、「尾道(の)文治」、「偽(の)文治」などという。

出典編集