メインメニューを開く

8代目桂 文治(かつらぶんじ)1883年明治16年)1月21日 - 1955年昭和30年)5月20日)は落語家。生前は落語協会所属。本名は山路 梅吉出囃子は『木賊刈り』。母が6代目桂文治の後妻になったためにのちに養子となる。また妻の父は桂文太郎

8代目 (かつら) 文治(ぶんじ)
8代目 桂(かつら) 文治(ぶんじ)
1948年撮影
本名 山路 梅吉(やまじ うめきち)
生年月日 1883年1月21日
没年月日 (1955-05-20) 1955年5月20日(72歳没)
出身地 日本の旗 日本東京
師匠 6代目三笑亭可楽
3代目桂文枝
2代目三遊亭圓馬
名跡 1. 翁家さん勝(1898年 - 1902年)
2. 4代目桂才賀(1902年 - 1908年)
3. 4代目桂慶枝(1908年 - 1909年)
4. 2代目三遊亭小圓馬(1909年 - 1911年)
5. 桂大和(1911年 - 1913年)
6. 7代目翁家さん馬(1913年 - 1929年)
7. 8代目桂文治(1929年 - 1955年)
出囃子 木賊刈り
活動期間 1898年 - 1955年
家族 6代目桂文治(養父)
所属 演芸会社
落語協会
備考
落語協会会長(1947年 - 1955年)

人物・略歴編集

東京の生まれ。はじめは義太夫語り竹本識古太夫(または梅太夫)。1898年5月に6代目三笑亭可楽に入門し翁家さん勝となった、その後母が大師匠6代目桂文治の後妻になった関係で養子となる。1902年5月に4代目桂才賀と名乗り二つ目昇進、1906年上方で修業し、1908年9月に3代目桂文枝の門下で4代目桂慶枝、師匠文枝死去に伴い、1909年頃に2代目三遊亭圓馬の門下で2代目三遊亭小圓馬、東京に戻り、1911年桂大和1913年4月に7代目翁家さん馬襲名、この頃から落語研究会の前座に抜擢され、1917年に演芸会社で若手真打となる。1929年10月に8代目桂文治襲名。因みに7代目桂文治は、6代目桂文治が一代に限って上方へ戻す約束としていたため、文治の名跡は再び江戸系統に移った。

1947年に落語協会初代会長4代目柳家小さん上野鈴本演芸場で、口演後に急死したため、2代目会長就任。以後1955年に死去まで会長を務めた。後任は元弟子8代目桂文楽であった。

風貌は顔が黒くて面長でぎょろっとした目、髪は白くまるで白黒映画のネガのようであった、周囲からは「写真原板」「茄子」または根岸に住んでいたことから「根岸の師匠」または落語協会2代目会長であったために「会長」の総家元に当たるため「家元」と呼ばれた。毛並みの良さと重職にありながら人望がなく、元弟子文楽は花札に爪跡を入れていかさま博打をする文治に「この師匠は大したことがない。」と失望して5代目柳亭左楽門下に移籍したという。また4代目小さんはあだ名付けの名人で、「デブの圓生」と言われた5代目圓生に「カボチャ」と名付け、8代目文治と5代目圓生がけんかをすると小さんは「茄子と南瓜のけんかがござる」とひやかした。

若くして江戸・上方の噺に通じ、実力もありさん馬時代から美声売りにを嘱望されたが、文治襲名後は名跡を意識しすぎて伸び悩む。あれこれと工夫とするが、あくが強過ぎる、邪道に嵌り「ある程度まで行くと止まる芸」と評されるなどの悪循環で、折角の才能を活かせぬまま冷遇され、戦後は昼席のトリを取るくらいで高齢もあいまって小声でぼそぼそしゃべり聞き取りにくかったという、ひどいときは高座の途中で客が帰るときもあった。晩年は引退同然の状態であった。

持ちネタは多く、特に、京、大阪、江戸の言葉を使い分ける「祇園会」。「縮上がり」「五人廻し」などの廓噺、義太夫の素養を活かした「義太夫息子」、上方仕込みの「ざる屋」、江戸前では「猫久」、そして「逸見十郎太」「将門」「八百蔵吉五郎」などの芝居噺などを得意とした。特に芝居噺は父譲りの本格派で初代中村吉右衛門の声色を使ったが、人気役者の声色で芝居噺を演じることのできた最期の噺家でもあり、特別な会では照明に蝋燭を用いるなど江戸時代からの古い演出を行い珍重された。

1955年5月20日に死去した。享年72。墓所は港区光圓寺。

一門弟子編集