メインメニューを開く

桂 文生(かつら ぶんしょう)は、落語家名跡。当代は落語協会のHPには3代目と記載されている。三遊亭文生を含めると過去7人前後の文生が存在する。上方落語には同じ読みの「桂文昇」という名跡がある。

  • 三遊亭文生 - 『東都噺者師弟系図』に初代三遊亭圓生門下として見えるが他の事は不明。
  • 三遊亭文生 - 『古今落語系図一覧表』(いわゆる『文之助系図』)に4代目圓生の門に「文生 四代メ実弟」とあるが詳細不明。
  • 後の三遊亭金遊斎(本名:山本 菊次郎)。
  • この他、6代目桂文治門下で文生を名乗った落語家が存在する。
  • 後の8代目金原亭馬生(本名:小西 万之助)。
  • 後の5代目三遊亭圓窓(本名:村田 仙司)。
  • 当代。本名は平稔。本項にて詳述

3代目 かつら 文生ぶんしょう
本名 たいら みのる
生年月日 (1939-08-23) 1939年8月23日(80歳)
出身地 日本の旗 日本宮城県石巻市
師匠 2代目桂枝太郎
5代目柳家小さん
名跡 1. 桂枝平(1962年 - 1966年)
2. 桂欣治(1966年 - 1974年)
3. 3代目桂文生(1974年 - )
出囃子 あほだら経
活動期間 1962年 -
所属 日本芸術協会→落語芸術協会(1962年 - 1984年)
落語協会(1984年 - )
受賞歴
NHK新人落語コンクール優秀賞(1973年)
文化庁芸術祭優秀賞(2006年)

3代目桂 文生(かつら ぶんしょう、1939年8月23日 - )は、宮城県石巻市出身の落語家。落語協会所属。出囃子は『あほだら経』。本名は平 稔(たいら みのる)。宮城県小牛田農林高等学校卒業。

経歴編集

エピソード編集

1957年、高校2年生の時に肺膿腫で入院中、7月22日から26日までNHKラジオで放送された番組「志ん生五夜」で聴いた古今亭志ん生の口演(『業平文治』や『目薬』などが放送されていた)に強い印象を受けて、落語家になることを決心した。

弟子編集

参考文献編集

外部リンク編集