メインメニューを開く

桂枝加苓朮附湯(けいしかりょうじゅつぶとう)は吉益東洞家方にその記述のある漢方薬のひとつ。

処方編集

桂枝湯桂枝芍薬大棗甘草生姜)を基本に蒼朮附子をそれぞれ適量を加えたもの。

効能編集

中風の初期、四肢の知覚障害など。

応用編集

神経痛、小児麻痺など。

参考文献編集

  • 難波恒雄『漢方薬入門』保育者、1985年。ISBN 4-586-52104-X

関連項目編集