メインメニューを開く

桂 枝太郎(かつら えだたろう)は、落語名跡である。当代は3代目にあたる。初代は上方落語家(京都系)。2代目以降は東京の名跡となった(2代目桂小文治の一門)。柳家枝太郎と混合されやすいが、全く別の名跡である。

目次

初代編集

初代 桂 枝太郎かつら えだたろう
本名 岩本 宗太郎
別名 先斗町の枝太郎
生年月日 1866年2月
没年月日 1927年2月6日
出身地   日本・京都
師匠 桂慶治
2代目月亭文都
2世曽呂利新左衛門
3代目笑福亭松鶴
2代目桂文枝
名跡 1. 桂扇太郎(1872年? - 1875年)
2. 桂春之助(1875年 - ?)
3. 笑福亭梅幸(? - ?)
4. 桂春之助(? - ?)
5. 5代目笑福亭吾鶴(? - ?)
6. 初代桂枝太郎(1887年 - 1927年)
活動期間 1872年? - 1927年
活動内容 落語
舞踊
所属 桂派→京桂派

初代 桂 枝太郎1866年2月 - 1927年2月6日)は、本名: 岩本 宗太郎享年62。

人物編集

京都生まれ。幼少の頃に父を亡くしたため、2代目桂猫丸初代桂文之助の門下)が養父となる。

初め6歳で桂慶治に入門し扇太郎?を名乗る。1875年ころに2代目月亭文都の門下で春之助を名乗るが、文都と養父の意見が合わず、明治10年代初めに2世曽呂利新左衛門の門下で笑福亭梅幸の名で旅巡業に出る。その後春之助に戻り、1885年、養父の死によって京都へ戻り、3代目笑福亭松鶴の門下で5代目笑福亭吾鶴を名乗り(あるいは3代目桂文吾の門下で吾鶴を名乗るとも)、幾世亭に出演。1886年上京し関東地方を巡業。1887年2代目桂文枝の門下に移り、初代枝太郎を名乗り、主に京都の寄席真打を張った。後に「京桂派」を主催し、若手育成にも尽力した。

住所から俗に「先斗町」と呼ばれる。歯切れ良く、線の太い芸風で、名人と称された。十八番は『堀川』『紙屑屋』『莨の火』などで、特に『大丸屋騒動』は、あまりに素晴らしい出来であったため、この演目のやり手が他になくなったと言われる。なお、SPレコードに『雷の褌』という小噺を吹き込んでおり、その芸風の一端を偲ぶことができる。また、舞踊は山村流の名手で、初代橘ノ圓と並び称された。

墓所は京都市東山本壽寺。法名: 妙法桂宗院英枝居士。

一門弟子編集

らがいる。

2代目編集

画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2014年9月
2代目 桂 枝太郎かつら えだたろう
本名 池田 芳次郎
生年月日 1895年5月7日
没年月日 (1978-03-06) 1978年3月6日(82歳没)
出身地   日本・東京
師匠 3代目古今亭今輔
6代目雷門助六
6代目春風亭柳枝
2代目桂小文治
名跡 1. 古蔵宝輔(1917年)
2. 雷門雷好(1924年 - ?)
3. 春風亭枝好(時期不明)
4. 3代目春雨家雷蔵(? - 1938年)
5. 初代桂小金治(1938年 - 1943年)
6. 2代目桂枝太郎(1943年 - 1978年)
活動期間 1917年、1924年 - 1978年
活動内容 新作落語
所属 日本芸術協会→落語芸術協会
受賞歴
藍綬褒章(1977年)

2代目 桂 枝太郎1895年5月7日 - 1978年3月6日)は、本名: 池田 芳次郎。享年84。落語芸術協会所属。出囃子は『串本節』。

人物編集

日本橋本石町の工業薬品商の次男として生まれる。本石町常盤小学校4年(現:中央区立常盤小学校)、高等科2年で終え、1908年青山学院入学。その後、明治薬学校(現: 明治薬科大学)に入学させられた。当時としては(落語家としてだけでなく一般人の中でも)珍しい高学歴で、俗に「インテリの枝太郎」と呼ばれる。しかし学業は性に合わず、21歳の頃、『演芸新聞』に「住吉のぶ代」と言うペンネームで寄稿していると、活弁生駒雷遊から熱烈ラブレターが舞い込んだこともあったという。

最初は1917年12月に3代目古今亭今輔に入門したが、「古蔵宝輔」と言う珍名を名付けられ、落胆して半年で廃業。兄を追って相場師になるも、関東大震災で断念。その後、やはり噺家が諦めきれず、1924年橘家花圓蔵(川崎仙太郎)の引きで噺家に復帰し、6代目雷門助六門下で雷好。次に6代目春風亭柳枝門下で枝好。次に旅回り専門となり3代目春雨家雷蔵1938年2代目桂小文治門下となって初代桂小金治を名乗り、1943年4月真打昇進し、2代目枝太郎襲名。『自家用車』『子故の春』などの新作落語や、『焔火百話』などの随談ものを得意とした。

女には奥手だったが、戦後、戦災未亡人と結ばれた。しかし、数年して死んだはずの夫が帰ってきたという。すでに大看板となっていた枝太郎であったが、数年間どこで何をしているか不明の失跡状態となった(本当は大阪にいた)。帰京後、住んでいたアパートに偶然東洋興業(浅草フランス座)の従業員が住んでおり、彼を介して浅草フランス座内に寄席(定席)を作らせることに成功した。浅草演芸ホールである。ボランティアも積極に行い、少年院・刑務所などで落語を行うほか、篤志面接委員となって在院者・受刑者達の更生に尽くした。その功績により1977年、春の藍綬褒章を受章している。また川柳都々逸作家として落語家の川柳の会「鹿川会」を主宰した。

一門弟子編集

関連項目編集

3代目編集

桂歌丸門下の桂花丸が2009年5月1日に襲名した。元は、歌丸自身2代目にかわいがってもらい、その後2代目の最後の弟子である現在の桂歌春を引き取ったことによるつながりや花丸が2代目枝太郎のような新作指向があったことなどから、襲名にいたったとされる。なお、襲名の際、2代目の遺族などとの調整は歌丸からの相談、依頼を受けた2代目の惣領弟子3代目桂圓枝が行った。

出典編集

  • 『古今東西落語家事典』(諸芸懇話会・大阪芸能懇話会共編、平凡社、1989年、ISBN 458212612X
  • 『落語系圖』(月亭春松編) - 初代に関して
  • 『桂春団治』(富士正晴著)「上方落語年表」 - 初代に関して