メインメニューを開く

桂 梅團治(かつら うめだんじ)は、上方落語名跡梅団治とも表記する。当代は4代目。初代以前にも別の梅團治がいたとされるが、詳細は不明。


初代編集

初代 かつら 梅團治うめだんじ
本名 菅井 友二郎
生年月日 1858年
没年月日 1904年11月28日
出身地   日本
師匠 桂梅丸
7代目桂文治
活動期間 ? - 1904年
活動内容 上方落語
軽口
所属 三友派

初代 桂梅團治1858年 - 1904年11月28日)は、本名: 菅井友二郎。享年46。

初め桂梅丸の門下だったが、名は不明。後に2代目桂文團治(後の7代目桂文治)の門下に移り、梅團治を名乗る。

元は煙草入れを作る職人だったと言う。三友派に属し地味ではあるが篤実な芸風であったと伝える。一時期、同門の桂篤團治(後の桂家雁篤)と軽口のコンビを組み活躍したが、晩年は再び落語に復帰した。十八番は『稽古屋』『田楽食い』『乙女狐』など。

妻は初代桂文我の姪で、「おこま」という名であったという。

2代目編集

2代目 かつら 梅團治うめだんじ
生年月日 不詳年
没年月日 不詳年
出身地   日本
師匠 2代目桂文昇
7代目桂文治
名跡 1. (代外)桂文之助
2. 桂米昇
3. 2代目桂梅團治
活動内容 上方落語
家族 2代目桂文昇(養父)

2代目 桂梅團治生没年不詳)は、本名、享年とも不詳。

初め2代目桂文昇の養子となり、文之助(大名跡の桂文之助とは異なる)、明治の末期に米昇を名乗る。1922年1月、2代目桂文團治(後の7代目桂文治)の門下に移り、2代目梅團治を襲名。

主に神戸寄席で活躍し、「出歯の米昇」のあだ名で親しまれていた。十八番は『ふたなり』『人形買い』など。

純大阪の達者な語り口であった。

1940年には既に故人となっている。

3代目編集

3代目 桂梅團治1895年10月3日 - 1964年3月31日)は、後の2代目三遊亭百生。本名:小河真之介。享年69。

初代桂文我の門下で我蝶、初代桂春團治の門下で我團治などを経て、3代目梅團治を襲名。後に6代目三遊亭圓生の門下で客分弟子となり、2代目三遊亭百生を襲名した。

4代目編集

4代目 桂梅團治1957年7月17日 - )は、本名: 大崎誠。

3代目桂春團治の門下。前名は桂春秋(はるあき)。長男は落語家桂小梅。所属事務所松竹芸能

出典編集

  • 『落語系圖』(月亭春松編)
  • 『古今東西落語家事典』(平凡社、1989年) - 2代目梅團治を三遊亭百生の前名としているが、明らかな誤り。
  • 『桂春団治』(富士正晴著)
  • 『ご存じ古今東西噺家紳士録』(CD-ROM、APP、2005年)

関連項目編集