メインメニューを開く

4代目桂 梅團治(かつら うめだんじ、1957年7月17日 - )は、岡山県倉敷市出身の落語家。本名は大崎 誠(おおさき まこと)。桂 梅団治とも表記する。出囃子は『龍神』(春秋時代は『桃太郎』)、自作の鉄道落語(新作落語の一種)の時は『鉄道唱歌』の場合もある。

4代目かつら 梅團治うめだんじ
4代目.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}桂(かつら) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}梅團治(うめだんじ)
花菱は、桂春団治一門の定紋である。
本名 大崎 誠(おおさき まこと)
生年月日 (1957-07-17) 1957年7月17日(62歳)
出生地 日本の旗 日本岡山県倉敷市
師匠 3代目桂春團治
名跡 1. 桂春秋(1980年 - 1997年)
2. 4代目桂梅團治(1997年 - )
出囃子 龍神
鉄道唱歌
活動期間 1980年 -
活動内容 上方落語
家族 桂小梅(長男)
所属 松竹芸能
備考
上方落語協会会員

人物編集

岡山県立玉島高等学校出身[1]福岡大学法学部卒業後、1980年4月に3代目桂春團治に入門。春秋(はるあき)の高座名で1982年に初舞台を踏む。桂雀々らとの「RG研進会」メンバー。岐阜の「歴博亭土曜寄席」世話人。1997年より独演会「梅満会」を開催(現在は『梅團治憧れの東西二人会』という形になっている)。松竹芸能所属。上方落語協会会員。同協会誌「んなあほな」編集委員。趣味撮り鉄弟子の落語家桂小梅は長男。

鉄道ファンでも知られ、特にSLのファンで撮影中に崖から落ちて大怪我をしたことがある。

主に長屋を描いた噺が得意であるほか、鉄道ファンであることを生かした鉄道をテーマとした新作落語も人気が高い。

関西圏ほか全国各地で落語会を行っている。

主な落語会編集

など

改名歴編集

著書編集

新作落語編集

出典編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集