メインメニューを開く
桃太郎電鉄シリーズ > 桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!

桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!(ももたろうでんてつ2017 たちあがれにっぽん!!)は、2016年12月22日任天堂が発売したニンテンドー3DSゲームソフトである。

桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!
ジャンル ボードゲーム
対応機種 ニンテンドー3DS
開発元 ヴァルハラゲームスタジオ
発売元 任天堂
プロデューサー 兼松聡
ディレクター 川田忠之
デザイナー さくまあきら
音楽 関口和之
池毅
シリーズ 桃太郎電鉄シリーズ
人数 1人~4人
発売日 2016年12月22日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
売上本数 39万5853本[1]
テンプレートを表示

概要編集

家庭用ゲーム機向けの桃太郎電鉄シリーズとしては『WORLD』以来6年ぶりの新作。本作に限り、発売元が任天堂となった。開発はヴァルハラゲームスタジオ(川田忠之、田中俊介、相原真人といった当時のハドソンのスタッフが中心)。シリーズ初期に関わった桝田省治もゲーム・アドバイザリーとして約20年ぶりに参加している。なお、『20周年』-『WORLD』で対応されていたオンライン対戦は非対応である。

CMタレントは、『20周年』以来、8年ぶりに陣内智則が担当した。

本作では東日本大震災2016年の熊本地震など、実際に起きた自然災害からの復興がテーマの一つに設定されている[2]

ゲームモード編集

ひとりで桃鉄
1人でCOMキャラ2人と対戦する1人用のモード。以下の2つのゲームで対戦が可能。なお今作ではモードでマップが異なっており「いつもの桃鉄」ではゲーム開始時は停車できない駅(震災駅)が存在するほか、震災復興によりプラス駅になっているマスは「桃鉄3年決戦」ではマイナス駅になっている。
いつもの桃鉄
1-100年の中から設定した年数をプレイして総資産を競うモード。携帯ゲーム機では初めて100年までプレイできるようになった。所持金を事実上のカウンターストップである99兆9999億9990万円以上持つ事は出来ず、超過する度に予定納税として国に没収される。
桃鉄3年決戦!
3年プレイして総資産を競うモード。初めから1億円と「急行周遊カード」「ぶっとびカード」を1枚ずつ持ってゲームが開始し、「いつもの桃鉄」とはゲームバランスが一部異なっている。
みんなで桃鉄
「いつもの桃鉄」と「桃鉄3年決戦!」で対戦する2-4人用のモード。以下の2つの方法で対戦が可能。
ワイヤレスで対戦!
近くにいる、ニンテンドー3DS本体を持つプレイヤーと通信対戦する。
1台で対戦!
1台のニンテンドー3DS本体をプレイヤー全員で回しながら対戦する。

前作からの変更点編集

  • 桃太郎と貧乏神を除くキャラクターデザインが、土居孝幸のものからさくまの友人である、北見隆田森庸介こいでたくえびなみつる大川清介万乗大智一本木蛮川島明麒麟)、なごやあきらが作成したものに変更されている。なお、次作では桃太郎と貧乏神を含めて再びデザインを一新する予定のため、このメンバーで行うのは最初で最後である。
  • カード袋は「急行系」「便利系」に分かれておらず、1人につき合計8枚まで所持できる(『DS』『20周年』『WORLD』と同様)。
  • 陸路と航路の中継点としてのフェリー駅、空路と陸路の中間点としての空港駅も再登場している。また「釧路-竹芝-宮崎-佐世保-種子島-那覇」の太平洋の航路が廃止され「帯広-成田-愛知-関西-宮崎-那覇-ホノルル」間を空路で繋ぐようになった。ただし、「小樽-舞鶴」の日本海航路は健在で九州エリアに、壱岐・対馬と沖縄諸島が全国編に初登場し、それらを航路が繋いでいる。
  • ハリケーンボンビーがキングボンビーに統合された。キングボンビーへ変身中のBGMが異なり、従来のキングボンビーと同様に複数の悪行から毎回ランダムに決定されるパターンと、1画面中の全プレイヤーの物件を大量消去するパターンがある。使用されるBGMも従来のものがそれぞれ使われるため、システム上は従来と変わりない。
  • 前作までレギュラー登場していた、ボンビー・モンキー、ペペペマンは廃止された。
  • 「100倍乗っ取り」「鉄道経営」のシステムが復活した。
  • 「リニアカード」の効果が『16』『2010』『タッグマッチ』と同じくサイコロ8個振る効果に変更された。
  • 『20周年』『2010』『タッグマッチ』に登場した「急行駅」「3カード駅」と『WORLD』に登場した「レアカード駅」は廃止された。
  • 今作より、所持する全ての「効果が持続するカード」の使用状況を初期化する(「期間延長カード」と同じであるが)効果を得られる「周遊駅」が初登場した。
  • 『☆に願いをカード』が廃止された代わりに、近くにあるカード売り場を8箇所提示され、選択し移動する『☆飛びカード』が登場した。
  • 本作のみ、貧乏神の悪行終了後、エンジェルやデビルによる持ち金増減や記念仙人登場が発生した場合、貧乏神のBGMが流れ続けるようになった。

登場駅編集

物件駅(302駅)編集

*・・・『16』で物件駅として登場する駅
(初)・・・全国編初登場の駅(『X(九州)』『12(西)』『DS(TOKYO)』から再登場した駅は含まない)
(X九州再)・・・過去に『X(九州)』のみで登場した駅
(12西再)・・・過去に『12(西)』のみで登場した駅
(T再)・・・過去に『DS(TOKYO)』のみで登場した駅
(J再)・・・過去に『DS(JAPAN)』のみで登場した駅
(DX-V、J再)・・・過去に『DX』-『V』、『DS(JAPAN)』で登場した駅
(16再)・・・過去に『16』のみで登場した駅
(変)・・・過去の作品で別の種類の駅
(震)・・・「いつもの桃鉄」モードでゲームスタート時は震災駅になっている駅
東北(40駅)

青森県(12駅)

岩手県(7駅)

宮城県(8駅)

秋田県(3駅)

山形県(5駅)

福島県(5駅)

関東(41駅)

茨城県(3駅)

栃木県(3駅)

群馬県(5駅)

埼玉県(2駅)

千葉県(7駅)

東京都(14駅)

神奈川県(7駅)

中部(50駅)

新潟県(8駅)

富山県(4駅)

石川県(4駅)

福井県(4駅)

山梨県(3駅)

長野県(7駅)

岐阜県(5駅)

静岡県(9駅)

愛知県(7駅)

近畿(41駅)

三重県(6駅)[3]

滋賀県(4駅)

京都府(5駅)

大阪府(11駅)

兵庫県(8駅)

奈良県(3駅)

和歌山県(4駅)

中国 (23駅)

鳥取県(2駅)

島根県(6駅)

岡山県(4駅)

広島県(4駅)

山口県(7駅)

四国(14駅)

徳島県(2駅)

香川県(3駅)

愛媛県(5駅)

高知県(4駅)

九州(50駅)

福岡県(7駅)

佐賀県(6駅)

長崎県(7駅)

熊本県(5駅)

大分県(6駅)

宮崎県(3駅)

鹿児島県(8駅)

沖縄県(8駅)

海外(1駅)[4][5]

ナイスカード駅編集

宮崎の北に1駅、宇和島の北と南に1駅ずつ、銚子の南に5駅、さらに人間プレイヤーが絶好調になると全国のカード駅がナイスカード駅に昇格する[7]

その他の駅編集

カード売り場駅
浦河岩見沢士別弟子屈知床恐山宮古(震)、新庄日光大網三宅島大月(新)、木曽佐久間八尾*、珠洲尾鷲マキノ綾部(新)、浜田新居浜中村高千穂日向飫肥指宿牛深佐多赤嶺糸満
ダビング駅
静内日高うるま宜野湾豊見城南城八重瀬
ワープ駅
千歳八丈島室戸日南
フェリー港
香深港鷲泊港稚内港手宮港元町港三池港底土港
新潟港両津港竹芝港岸壁港八幡浜港博多港呼子港厳原港郷ノ浦港別府港長崎港福江港枕崎港名瀬港宮之浦港西之表港那覇港兼城港平良港石垣港
ぶっとび駅
銭函浜中高萩
猿払倉吉江津三角首里大洲
周遊駅
せたな那智串本太地紀伊姫
宝くじ駅
五稜郭木更津下呂日之影佐伯
カードバンク駅(16年目-)
行橋
空港
帯広空港(新)、成田空港愛知空港関西空港宮崎空港(新)、那覇空港ホノルル空港(新)

脚注編集

  1. ^ 2017年上半期国内家庭用ゲーム市場規模速報 Nintendo Switchが牽引し、前年比114.8%で3年ぶりのプラスに”. ファミ通 (2017年7月4日). 2017年7月4日閲覧。
  2. ^ Nintendo Switch版の話も飛び出した! 6年振りに復活した『桃鉄』という唯一無二なゲームのすごさとは?”. 電ファミニコゲーマー. ドワンゴ (2017年1月23日). 2017年1月23日閲覧。
  3. ^ 『20周年』-『タッグマッチ』で登場した亀山は廃止された。
  4. ^ 従来のシリーズに登場したサイパンとグアムは廃止された。
  5. ^ 「全駅踏破」「全都市独占」では九州に属している。
  6. ^ 従来の全国編のハワイから改名された。しかし「お正月カード」の説明欄には「1月になるまで 消えません! 1月になると ハワイに 飛ばされます!」と記されている。また「お正月カード」を持ったプレイヤーがいる状態で1月を迎えると、夜叉姫が「今年も 多くの 芸能人や セレブが ハワイで お正月を すごしています」と報じる。
  7. ^ 従来のナイスカード駅はスーパーカード駅に昇格。

外部リンク編集