メインメニューを開く

桃木 至朗(ももき しろう、1955年 - )は、東洋史学者、ベトナム史専攻。大阪大学大学院文学研究科教授、広島大学博士(文学)

人物・経歴編集

神奈川県横浜市出身。1981年京都大学大学院文学研究科東洋史専攻修士課程修了、84年同博士課程中退。2009年論文「中世大越国家の成立と変容」により広島大学博士(文学)。1985年京都大学東南アジア研究センター助手、1988年大阪外国語大学外国語学部専任講師、1991年同助教授、1991年大阪大学教養部助教授、1994年同文学部助教授、2001年同文学研究科教授[1]

著書編集

共編著編集

  • チャンパ 歴史・末裔・建築』樋口英夫重枝豊共著 めこん 1999
  • 『ベトナムの事典』桜井由躬雄共編 同朋舎(東南アジアを知るシリーズ)1999
  • 『海域アジア史研究入門』 岩波書店 2008
  • 『歴史学のフロンティア 地域から問い直す国民国家史観』秋田茂共編 大阪大学出版会 2008
  • 『グローバルヒストリーと帝国』秋田茂共編 大阪大学出版会 2013
  • 『グローバルヒストリーと戦争』秋田茂共編著 大阪大学出版会 阪大リーブル 2016

脚注編集

外部リンク編集