メインメニューを開く

経歴編集

芸能界入りする前、在学校のポスターやパンフレットの表紙のモデルに選ばれた経験がある[4]

2008年10月、第33回ホリプロタレントスカウトキャラバンで3万6,312人の中から審査員特別賞を受賞し、芸能界入りする[5][6]。2009年1月、秋元康×フジテレビプロデュース「アイドル選手権Push★1」で初代グランプリを受賞[7][8]

2010年7月、『満福少女ドラゴネット』の司城琉菜 / ドラゴショコラ役でドラマ初主演[9]

2012年以降は、漫画やゲーム・アニメを原作とするいわゆる『2.5次元作品』の出演が増え、ヒロインを多く演じていることから『2.5次元のプリンセス』と呼ばれる[10]

人物編集

  • 美咲は本名であり、「ピンクダイヤモンドという花のように可愛らしく美しく咲き誇ってほしい」とのこと[11]
  • 桃瀬は芸名であり、岡山県にちなんで桃太郎の“桃”と瀬戸内海の“瀬”から命名[12]
  • 愛称はピーチ姫を略して「姫」、「美咲ちゃん」、「もーたん」[13]
  • 特別賞を受賞した2008年10月26日を、「桃瀬美咲の誕生日」としている[14]
  • TSCを受けたきっかけは憧れの人に会いたくて。誰かは公言していないが共演が叶えば引退してもいいと発言[15]
  • 特技の極真空手を活かし、板を拳や蹴りで割る“板割り”や、男性出演者のお尻を蹴る“ミサキック”をパフォーマンスとして披露[16]
  • 好きな食べ物は、お肉、フルーツタルト、桃。嫌いな食べ物はない[17]
  • ビールと赤ワインが好きで、お酒に強い[18]。ただ気心知れた人としか飲まないので基本外では飲まない[19]
  • 裸眼視力は0.03で普段はコンタクトレンズ、自宅ではメガネ着用。まつ毛が長いためメガネをかけるとレンズに当たって困るとのこと[20]

性格編集

  • 仕事現場では「寡黙でしっかり者」と称されており、自身も"普段から一人が好きで、自ら周りに溶け込んでいくタイプではない"と話している[21]
  • 軽い潔癖症で、口元から外したマスクは再度つけることはせず、常に新しいマスクを何枚か所持している[22]
  • 甘えん坊でいたずら好きな性格で、家族や仲のいい人におんぶをおねだりする[23]。親しい人物からは「性格も振舞いも猫みたい」だと言われる[24]
  • 男性の好みは、お兄ちゃんみたいな人、色気のある人。自然に名前に“ちゃん”をつけて呼んでくれる人。沈黙が心地良い人[25]

趣味・特技編集

エピソード編集

出演編集

テレビ編集

レギュラー番組編集

そのほかの番組編集

  • 今夜、蘇る 最強女優伝説 〜第33回ホリプロタレントスカウトキャラバン〜(2008年12月13日、テレビ朝日系)
  • アイドル選手権『Push★1』(2009年2月15日、BSフジ
  • 志村けんのだいじょうぶだぁ(2010年9月7日、2011年2月8日、9月6日、フジテレビ系)- 肥後美咲としてレギュラー出演
  • 女神降臨(#23 2011年8月7日、#50 2012年8月17日、MONDO TV
  • 爆走 グアム島の決戦!(2011年11月6日、テレビ東京系)
  • ヒットの秘密 (2012年4月15日、テレビ東京系)
  • 第35回24時間テレビ 「愛は地球を救う」(2012年8月25日 - 8月26日、日本テレビ系)
  • 開運!マジックツアー(2012年10月28日、テレビ東京系)
  • めちゃ×2イケてるッ! 厄よけに開運に初笑いなんて日だスペシャル 「中居&ナイナイ日本一周ガリタ食堂の旅」(2013年1月5日、フジテレビ系)
  • 釣り百景(2013年12月19日、BS-TBS)

テレビドラマ編集

映画編集

オリジナルビデオ編集

舞台編集

ラジオ編集

  • DJ Tomoaki's Radio Show!(下北FM) - MCアシスタント
  • 超!A&G 「第36回ホリプロタレントスカウトキャラバングランプリへの道」(2011年6月17日、文化放送
  • 〜IDOL SHOWCASE〜 i-BAN!!(2012年3月18日、FM NACK5

インターネットテレビ編集

  • ソーシャルトーク・ラウンジ エンダン (2011年10月5日、10月8日、mmbi NOTTV、幕張メッセ)
  • もも☆キリ学園 大放送! (2012年4月4日 - 2012年6月28日、あっ!とおどろく放送局/2012年7月4日 - 12月20日、@TV) - メインMC
  • アメスタプレミアム放送 桃瀬美咲(2012年10月18日、アメーバスタジオ)

CM・イメージキャラクター編集

  • ナイキジャパン 「nike Rookie」広告モデル(2009年11月 - )[50]
  • WOWFES2010 Twitter大使(2010年10月)[51]
  • トヨタ「VITZ」CM連動型キャンペーン(2011年2月)[52]
  • おかやま観光特使(2011年3月7日 - )[53]
  • デニーズ&ポケモン コラボレーション番組内CM(2011年7月17日)
  • セブンイレブン nanaco×Express イメージキャラクター(2012年12月 - )[54]
  • サッカーJ2ファジアーノ岡山特命PR部女子マネージャー(2013年3月27日 - )[55]
  • セブンイレブン nanacoカード テレビCM (2012年8月 - )
  • パチンコメーカーSANYO海物語IN沖縄3」イメージガール「ミスウリンちゃん」(2013年8月 - ) - パチンコ機種、テレビCM、店頭ポスター[56]
  • グリコパピコ ホワイトサワー」webイメージキャラクター(2014年1月23日 - )
  • 岡山トヨペット CM 「ファジアーノ岡山応援篇」(2014年3月2日 - )
  • ロート製薬「デ・オウ」web広告(2014年6月10日 - )
  • 心身ともに健康で美しい納豆好きの著名人に送られる称号 「2014年度 納豆クイーン」(2014年7月3日)[6]
  • 一日警察署長
  • おかやま晴れの国大使(2014年12月18日 - )[2]
  • JR西日本 岡山県PRナビゲーター 認定委員(2015年3月19日 - )[59]
  • おもちゃ王国PRキャラクター「おねえさん代表」(2015年3月30日 - )[60]
  • 楽天カード イメージキャラクター「ポイント戦隊楽天カードマンズ 楽天カードマンOL」 TVCM・WEBムービー・トレインチャンネル(2015年5月28日 - )[61]

ゲーム編集

イベント編集

  • 中華街パレード(2010年6月5日、横浜中華街) - 満福少女ドラゴネット番組宣伝
  • WOWFES2010 Twitter大使(2010年10月23日-10月24日、東京ミッドタウン
  • 37th ホリプロタレントスカウトキャラバン2012 PRトークショー (2012年4月30日、アクアシティお台場)
  • 第35回 24時間テレビ 「愛は地球を救う」(2012年8月25日 - 8月26日、横浜日産グローバルギャラリー)
  • 第3回 東京ランウェイ 2013 S/S (2013年3月20日、国立代々木競技場 第一体育館)[63]
  • 岡山カルチャーゾーンPRイベント(2014年4月26日、夢二郷土美術館〜岡山カルチャーゾーン)
  • 竹久夢二生誕130年 着物ショー「日本の美を愛でる」(2014年12月5日、イオンモール岡山 おかやま未来ホール) - ゲストモデル

その他編集

  • 桃瀬美咲の「ももいろボイス!」―オフィシャル有料ボイス配信―(2011年7月15日 - )
  • アクションショートムービー「ピンクスパイダー」(2013年1月18日、YouTube) - MOMO 役

作品編集

映像作品編集

発売日 タイトル 販売元 規格品番 最高位
DVD
2009年8月19日 もも100パーセント未満 ポニーキャニオン
2010年10月20日 桃色の恋 ワニブックス
2012年10月26日 桃色の片思い 竹書房
2013年10月24日 桃物語 ギルド
2014年10月25日 PEACH ON THE BEACH Air control

書籍編集

写真集編集

雑誌編集

脚注編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 桃瀬美咲”. ホリプロ. 2015年7月15日閲覧。
  2. ^ a b 晴れの国大使”. 岡山県・新PRサイト. 2017年5月18日閲覧。
  3. ^ (日本語) 「PS4『龍が如く最新作』助演女優オーディション」レポート, https://www.youtube.com/watch?v=0f9Sv_tx8PA 2019年8月11日閲覧。 
  4. ^ 明日、要チェック”. 桃瀬美咲のオフィシャルブログ (2015年2月18日). 2015年7月15日閲覧。
  5. ^ “グランプリは史上初の小学生、高田光莉さん 『第33回ホリプロタレントスカウトキャラバン』”. ORICONSTYLE. (2008年10月26日). http://www.oricon.co.jp/news/59398/full/ 2015年7月15日閲覧。 
  6. ^ a b 2014年度 納豆クイーン 桃瀬美咲さん・尾島知佳さんが受賞!”. 全国納豆協同組合連合会 納豆PRセンター. 2017年5月18日閲覧。
  7. ^ 高橋千文 (2009年2月1日). “15歳の現役女子高生、桃瀬美咲が「アイドル選手権 Push★1」の初代王者に!”. マイコミジャーナル. https://news.mynavi.jp/news/2009/02/01/009/index.html 2015年7月15日閲覧。 
  8. ^ “アイドルNo.1決定トーナメント『Push★1』をホリプロ桃瀬美咲・15歳制す”. オリコン. (2009年3月4日). http://www.oricon.co.jp/news/deview/62673/ 2015年7月15日閲覧。 
  9. ^ a b 満福少女ドラゴネット”. ドラゴネット製作委員会. 2015年7月15日閲覧。
  10. ^ a b 桃瀬美咲、本日開幕『FAIRY TAIL』舞台版で12歳の少女・ウェンディ役に 苦手な歌でも大健闘”. GirlsNews (2016年4月30日). 2016年6月26日閲覧。
  11. ^ 名前の由来☆”. 桃瀬美咲のオフィシャルブログ (2010年3月7日). 2015年7月15日閲覧。
  12. ^ おかやま晴れの国大使”. 桃瀬美咲のオフィシャルブログ (2014年12月28日). 2015年7月15日閲覧。
  13. ^ ラッキーカラー☆”. 桃瀬美咲のオフィシャルブログ (2010年9月29日). 2015年12月9日閲覧。
  14. ^ 桃瀬美咲、新作DVD発売”. 桃瀬美咲のオフィシャルブログ (2013年9月20日). 2015年7月15日閲覧。
  15. ^ 明日!イベント&デビュー日”. 桃瀬美咲のオフィシャルブログ (2013年10月25日). 2015年7月15日閲覧。
  16. ^ 男性的な趣味”. 桃瀬美咲のオフィシャルブログ (2012年4月23日). 2015年7月15日閲覧。
  17. ^ 手作りスイーツ”. 桃瀬美咲のオフィシャルブログ (2012年9月3日). 2015年7月15日閲覧。
  18. ^ 東京RUNWAY”. 桃瀬美咲のオフィシャルブログ (2013年3月20日). 2015年10月16日閲覧。
  19. ^ 父との楽しみ。”. 桃瀬美咲のオフィシャルブログ (2015年9月26日). 2016年8月30日閲覧。
  20. ^ メガネっ子”. 桃瀬美咲のオフィシャルブログ (2011年5月7日). 2015年7月15日閲覧。
  21. ^ 発売記念イベント”. 桃瀬美咲のオフィシャルブログ (2014年10月27日). 2017年5月17日閲覧。
  22. ^ 美咲(の)ナンバーワン?”. 桃瀬美咲のオフィシャルブログ (2011年1月12日). 2015年7月15日閲覧。
  23. ^ 甘えんぼ”. 桃瀬美咲のオフィシャルブログ (2013年9月26日). 2015年7月15日閲覧。
  24. ^ 例えれば”. 桃瀬美咲のオフィシャルブログ (2011年4月28日). 2016年8月16日閲覧。
  25. ^ 回答”. 桃瀬美咲のオフィシャルブログ (2012年1月6日). 2016年8月16日閲覧。
  26. ^ 男性的な趣味”. 桃瀬美咲のオフィシャルブログ (2012年4月23日). 2015年7月15日閲覧。
  27. ^ 手作り料理”. 桃瀬美咲のオフィシャルブログ (2013年6月16日). 2015年7月15日閲覧。
  28. ^ 特技”. 桃瀬美咲のオフィシャルブログ (2011年10月23日). 2015年7月15日閲覧。
  29. ^ オールアップ”. 桃瀬美咲のオフィシャルブログ (2014年10月22日). 2015年7月15日閲覧。
  30. ^ 土曜日更新”. 桃瀬美咲のオフィシャルブログ (2015年1月24日). 2015年9月27日閲覧。
  31. ^ 明日”. 桃瀬美咲のオフィシャルブログ (2011年9月23日). 2015年7月15日閲覧。
  32. ^ 桃瀬情報”. 桃瀬美咲のオフィシャルブログ (2012年12月2日). 2015年7月15日閲覧。
  33. ^ 映画出演”. 桃瀬美咲のオフィシャルブログ (2013年6月4日). 2015年7月15日閲覧。
  34. ^ 崖っぷちアラビアンサイトFEVER”. TBS. 2015年7月15日閲覧。
  35. ^ 志村軒”. フジテレビ. 2015年7月15日閲覧。
  36. ^ 新レギュラー番組『王様のデザート』”. 桃瀬美咲のオフィシャルブログ Powered by Ameba. 2017年5月18日閲覧。
  37. ^ 古代少女隊ドグーンV”. 「古代少女隊ドグーンV」 製作委員会. 2015年7月15日閲覧。
  38. ^ “井口昇監督、劇場版ヤマガミくんは「合法で脳が気持ち良くなる」”. 映画.com. (2012年3月4日). http://eiga.com/news/20120304/9/ 2015年7月15日閲覧。 
  39. ^ “甲本雅裕×桃瀬美咲×前野朋哉「でーれーガールズ」出演で地元・岡山に凱旋!”. 映画.com. (2014年9月10日). http://eiga.com/news/20140910/1/ 2015年7月15日閲覧。 
  40. ^ 【取材レポ】Apeace、自身初主演映画『Once Again』舞台挨拶に登壇!”. 韓ペン~Kanpen~. 2017年5月18日閲覧。
  41. ^ キャスト・スタッフ”. 映画「桃とキジ」公式サイト 岡山県が舞台となる桃太郎シリーズ第一弾!. 2017年5月9日閲覧。
  42. ^ 初演、再演SOLD OUT公演!芝居、殺陣、和太鼓で魅せる!幕末ハートフル時代劇『池田屋・裏 2012』演出の西村太佑・主演の川村陽介にインタビュー![インタビュー]”. e+(イープラス)Theatrix! Pick Up. 2017年5月18日閲覧。
  43. ^ 舞台『BLAZBLUE(ブレイブルー)』3月6日~9日の公演迫る。コスプレイベントの他、声優の近藤佳奈子さんや柿原徹也さんのトークショウも開催”. 電撃オンライン. 2017年5月18日閲覧。
  44. ^ PAST_STAGE 第8回公演ゆらり2015”. TAIYO MAGIC FILM. 2017年5月18日閲覧。
  45. ^ 結婚の偏差値Ⅲ 純愛 of gmk produce”. 劇団マツモトカズミ. 2017年5月18日閲覧。
  46. ^ 素子が! バトーが! 現実世界に飛び出した!? 舞台『攻殻機動隊ARISE:GHOST is ALIVE』ゲネプロレポート!”. アニメイトタイムズ (2015年11月11日). 2017年5月18日閲覧。
  47. ^ えのもとぐりむ作品集「クジラの歌」”. special.izabell.jp. 2017年5月9日閲覧。
  48. ^ cast”. 舞台『残響のテロル - PREMIUM 3D STAGE』. 2017年5月18日閲覧。
  49. ^ CAST”. プリンス・オブ・ストライド THE LIVE STAGE. 2017年5月9日閲覧。
  50. ^ ママが発見☆”. 桃瀬美咲のオフィシャルブログ (2009年12月17日). 2015年7月15日閲覧。
  51. ^ “Twitter大使”桃瀬美咲のイベントレポート”. ORICONSTYLE. 2015年7月15日閲覧。
  52. ^ トヨタ×慶大、新型ヴィッツのTV-CM連動プロモを展開 参加型の代替現実ゲームを実施”. ファインドスター. 2015年7月15日閲覧。
  53. ^ 観光大使・観光特使”. linkdou.com. 2015年7月15日閲覧。
  54. ^ 年内いっぱい迄”. 桃瀬美咲のオフィシャルブログ (2012年12月1日). 2015年7月15日閲覧。
  55. ^ 「ファジアーノ岡山特命PR部 女子マネージャー」として、桃瀬 美咲(ももせ みさき)さんを任命”. ファジアーノ岡山 公式サイト (2012年3月27日). 2015年7月15日閲覧。
  56. ^ ミスワリン ミスウリンちゃん 2人の女神が初登場!リーチ時や大当り中に幸運をお届け!”. SANYO. 2015年7月15日閲覧。
  57. ^ “桃瀬美咲が一日警察署長「うれしかった」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2014年10月12日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20141012-1380878.html 2015年7月15日閲覧。 
  58. ^ 山下周平 (2015年1月26日). “岡山)でーれー安全な街へ 女優桃瀬さんが一日警察署長”. 朝日新聞DIGITAL (朝日新聞社). http://www.asahi.com/articles/ASH1T4JXTH1TPPZB003.html 2015年7月15日閲覧。 
  59. ^ “「くまなく旅し」隊結成”. ます!ます!RNC西日本放送. (2015年3月19日). http://www.rnc.co.jp/news/index.asp?mode=2&nwnbr=2015031911&y=2015&m=3&d=19 2015年7月15日閲覧。 
  60. ^ 桃瀬さん おもちゃ王国PRキャラ 「子どもに夢与えたい」”. 山陽新聞デジタル|さんデジ (2015年4月25日). 2017年5月18日閲覧。
  61. ^ 楽天カードマンズ”. 楽天カード. 2015年7月15日閲覧。
  62. ^ 11人の秘書に隠された要素とは?『WCCF』秘書の秘密を大公開!!”. サッカーキング (2015年4月7日). 2015年4月8日閲覧。
  63. ^ “石原さとみ「モデルさんてすごい」…東京ランウェイにゲスト出演”. RBBTODAY. (2013年3月20日). http://www.rbbtoday.com/article/2013/03/20/105011.html 2015年7月15日閲覧。 

外部リンク編集