メインメニューを開く

桃花 ひな(ももはな ひな 、8月23日 - )は、元宝塚歌劇団雪組の娘役。

大阪府池田市[1]梅花学園高校出身[1]。身長160cm[1]。愛称は「もも」[1]。特技は日舞で、名取名は「花柳楽ひなみ」[1]

目次

来歴編集

宝塚歌劇団時代の主な舞台編集

初舞台公演編集

  • 2006年3月 - 5月、宙組『NEVER SAY GOODBYE-ある愛の軌跡-』(宝塚大劇場のみ)

雪組時代編集

  • 2007年2月、『ノン ノン シュガー!!』(バウ)フラニー、ジョニー(子供時代)
  • 2007年10月、『シルバー・ローズ・クロニクル』(ドラマシティ・東京特別)ジル
  • 2008年1月、『君を愛してる-Je t'aime-』新人公演:ペッシュ(本役:千風カレン)/『ミロワール』
  • 2009年3月、『風の錦絵』/『ZORRO 仮面のメサイア』新人公演:ミルドリド(本役:沙月愛奈
  • 2009年7月、『ロシアン・ブルー -魔女への鉄槌-』新人公演:ペギー・グリーンフィールド(本役:晴華みどり)/『RIO DE BRAVO!!』
  • 2010年2月、『ソルフェリーノの夜明け』新人公演:ロージー(本役:舞羽美海)/『Carnevale 睡夢』
  • 2010年10月、『はじめて愛した』(ドラマシティ・東京特別)家政婦
  • 2011年7月、『灼熱の彼方』(バウ)クリスピーナ
  • 2011年9月、『仮面の男』新人公演:【ボーリング】淑女(敗者)(本役:早花まこ)/『ROYAL STRAIGHT FLUSH!!』
  • 2011年12月、『Samourai』(ドラマシティ・東京特別)サビーヌ
  • 2012年3月、『ドン・カルロス』女官フロラ/新人公演:イサベル王妃(本役:沙月愛奈)/『Shining Rhythm!』
  • 2012年7月、『双曲線上のカルテ』(バウ・東京特別)サンドラ
  • 2012年10月、『JIN-仁-』お花/新人公演:夕霧(本役:花帆杏奈)/『GOLD SPARK!-この一瞬を永遠に-』
  • 2013年2月、『ブラック・ジャック 許されざる者への挽歌』(ドラマシティ・東京特別)ピノコ *ヒロイン
  • 2013年4月、『ベルサイユのばら-フェルゼン編-』アデール、女官長
  • 2013年8月、『若き日の唄は忘れじ』つね/『ナルシス・ノアールII
  • 2013年10月、宝塚大劇場公演 第52回 宝塚舞踊会
  • 2013年11月、『Shall we ダンス?』コニー/『CONGRATULATIONS 宝塚!!』
  • 2014年3月、『心中・恋の大和路』(ドラマシティ・東京特別)遊女・千代歳
  • 2014年6月、『一夢庵風流記 前田慶次』初音/『My Dream TAKARAZUKA』
  • 2014年10月、『パルムの僧院 ー美しき愛の囚人ー』(バウ)マリエッタ・ヴァルセラ
  • 2015年1月、『ルパン三世 -王妃の首飾りを追え!-』踊り子/『ファンシー・ガイ!』
  • 2015年5月、『星影の人』佳代/『ファンシー・ガイ!』(博多座)
  • 2015年7月、『星逢一夜(ほしあいひとよ)』豊姫、やまめ(2役)/『La Esmeralda(ラ エスメラルダ)』
  • 2015年11月、『銀二貫』(バウ)お広
  • 2016年2月、『るろうに剣心』朱音太夫
  • 2016年6月、『ローマの休日』(中日・赤坂ACTシアター・梅田芸術劇場メインホール)クレア
  • 2016年10月、『私立探偵ケイレブ・ハント』グレース/『Greatest HITS!』
  • 2017年2月、『星逢一夜(ほしあいひとよ)』貴姫/『Greatest HITS!』(中日)
  • 2017年4月~7月、『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』女郎おうめ *退団公演 

脚注編集

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2013年度版』阪急コミュニケーションズ、2013年、84頁。ISBN 978-4-484-13506-9
  2. ^ スカイ・ナビゲーターズ 第2期生”. TAKARAZUKA SKY STAGE. 2013年5月26日閲覧。