メインメニューを開く

桑原 真人(くわばら まさと、1943年7月5日[1] - )は、日本歴史学者経済学博士。専門は近代北海道史。元札幌大学学長札幌大学女子短期大学部学長。愛媛県西条市出身。

来歴編集

愛媛県立松山南高等学校を経て、1966年横浜市立大学文理学部卒。1968年北海道大学大学院文学研究科修了。北海道大学文学部助手北海道開拓記念館学芸部研究職員を経て、1989年札幌大学教養部助教授、同教養部教授、1995年札幌大学経済学部教授。2011年札幌大学学長および札幌大学女子短期大学部学長。2017年札幌大学学長・同短期大学部学長退任。

この他、札幌大学経済学部評議委員、同大学院経済研究科長、同附属総合研究所長を務め、札幌学院大学北海学園大学法学部で非常勤講師も務めた。

主にアイヌ史や明治維新以降の北海道の歴史を手掛けるほか、経済学博士の立場から、北海道の分県運動も研究する。なお、「道州制が取りざたされている昨今、道州制と共に分県化もすべきである」として、分県論者としても知られる。

主著編集

  • 『戦前期の北海道の史的研究』(北海道大学図書刊行会、1993年)
  • 『アイヌ民族の歴史と文化-教育指導の手引き』(共著、山川出版社、2000年)
  • 『県史1 北海道の歴史』(共著、山川出版社、2000年初版、2010年第2版)
  • 関秀志ほか著『北海道の歴史 上(古代・中世・近世編)巻, 下(近代・現代編)巻』(新版, 北海道新聞社, 2006年)
  • 『北海道の歴史がわかる本 石器時代から近・現代までイッキ読み!』(亜璃西社、2008年)

など多数

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.259

関連項目編集

外部リンク編集

先代:
宮腰昭男
学校法人札幌大学学長
第13代: 2011年 - 2017年
次代:
鈴木淳一 (ロシア文学者)
先代:
宮腰昭男
学校法人札幌大学女子短期大学部学長
第13代: 2011年 - 2017年
次代:
鈴木淳一 (ロシア文学者)