桑山正進

東洋史学・考古学者

桑山 正進(くわやま しょうしん、1938年9月8日 - )は、東洋史学・考古学者、京都大学人文科学研究所名誉教授。

桑山 正進
人物情報
生誕 (1938-09-08) 1938年9月8日
日本の旗 日本東京都
学問
研究分野 東洋史(西域史)
研究機関 京都大学人文科学研究所
テンプレートを表示

経歴編集

東京市(現港区)出身。1963年京都大学文学部考古学科卒。同大学院博士課程満期退学。京大人文科学研究所教授、99年所長。86年「カーピシー=ガンダーラ史研究」で京都大学文学博士。2002年定年退官、名誉教授。1972年流沙海西奨学会賞受賞[1]

編著書編集

  • 『カーピシー=ガンダーラ史研究』京都大学人文科学研究所 1990
  • 慧超 往五天竺国伝研究』編 京都大学人文科学研究所 1992 臨川書店 1998

共編著・訳編集

  • 『チャカラク・テペ 北部アフガニスタンにおける城塞遺跡の発掘 1964~1967』樋口隆康共著 水野清一編 京都大学 1970
  • 『人物中国の仏教 玄奘袴谷憲昭共著 大蔵出版 1981、新版1991
  • 『大乗仏典 中国・日本篇 第9巻 大唐西域記』高田時雄共訳 中央公論社 1987
    • 『西域記 玄奘三蔵の旅』小学館 地球人ライブラリー 1995 入門書
  • 『西域行記索引叢刊 1 大唐西域記』高田時雄共編 松香堂 1999
  • 『西域行記索引叢刊 2 大唐大慈恩寺三藏法師傳』高田時雄共編 松香堂 2000
  • 『西域行記索引叢刊 3 法顯傳・洛陽伽藍記・釋迦方志』高田時雄共編 松香堂 2001

論文編集

編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年